jaist

jaist寮の抽選倍率は高いので、入学が決まったら物件も同時に抑えるのがおすすめ

投稿日:

jaistへ合格が決まると、入寮を希望するかどうかを決定する必要があります。入れるかどうかは別として基本的には入寮を希望しておいていいと思います。ぶっちゃけjaistはど田舎にあって、しかも周辺に物件もないため安く抑えようとすると寮に入る以外の選択肢がないんですよね。

 

おおよそjaistの学生は以下の3つに分けられます。

  • 寮生
  • jaistのふもとからシャトルバスで通う学生
  • 小松もしくは野々市から通学する学生

実はjaistのふもとのアパートってそこまで安くなく、家賃だけで言えば野々市や小松の方が安い物件があったりします。ですが野々市や小松からは通学費がかかるため、結局生活費としてはそこまで変わらないと言うのが実情ですね。

 

では寮生はどんな感じだったかと言うと、光熱水費込みで月1万5千円くらいで暮らすことができます。しかも駐車場も年間10000円くらいで借りることができるので、車の維持も比較的しやすいです。不満点は車が無いと買い物すら辛いことやGWやお盆などの長期休暇でコンビニが閉まるため兵糧攻めに逢うことくらいでしょうか。

 

僕的にはjaistに入学するなら寮に入って車を持つことが一番コスパがいいと思うんですが、ここで問題になるのが寮の定員です。実は僕が入学した年度は、希望者の多くが入寮できなかった年でした。どこかで聞いた話だと30%から50%くらい落ちてるみたいな話も聞きましたね。

合格したら入寮申請と並行して物件探しをするのがお勧め

寮の申請書は合格通知と一緒に入っていたと思うんですが、入寮できるかどうかどうかの答えが出るのは確か1月とか2月だったはず。つまり寮の申請だけしていると、入学前の時期になって突然家探しをしなくてはならなくなるんですね。

 

その時期にはだいたいjaistのふもとのアパートも埋まっていますから、野々市とか小松で探すことになる人が多いはずです。実際あぶれた人が多かった僕の入学年度では、多くの人が北陸鉄道沿線上に住んでいました。

 

野々市市とかに住めば、コンビニだけじゃなくファーストフードやスーパーなんかもたくさんあったりするので生活上は便利なんですが、修論間際で研究室に泊り込みをするとかってなるとちょっと不利なんですよね。簡単に家に帰ったりできないですし、ちょっとシャワー浴びてくるとかできないですから。

 

そういう意味ではjaistのふもとの方がまだマシではあります。それに野々市周辺は金沢工業大学がありますから、こっちも早めに探さないといい感じの物件は埋まってしまいます。

終わりに

国立大学の寮って結構申請すれば誰でも入れるイメージがあるかもしれませんが、jaistに限っていうならそのイメージは持たない方がいいと思います。割と落ちますし、僕の友達にも落ちたやつはたくさんいました。

 

学校側もうまく調整してくれているはずですから改善はされていると思います。教員用の宿舎の一部を学生用に回してくれたとかそういう話もあったみたいですからね。

なのでもしかしたら杞憂なのかもしれませんが、万全の体制を取りたいなら寮の申請と並行して条件のいいアパートも抑えにいくのが良いと思います。

-jaist

Copyright© はるの趣味日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.