Just another WordPress site

はるの趣味日記

iphone・mac 就活

就活で東京に行くなら必須?iphoneのsuica(スイカ)で入金してチャージする方法を解説する

投稿日:

f:id:haru_hobby:20180814033821j:plain

就活を経験した方はわかると思いますが、就活をするとほぼ必ず東京に行くことになります。どうしても企業は東京で説明会や就活の面接を行うので仕方がないのですが、地方からわざわざ東京まで行って就活をするのは疲れます。

 

例外的に関西に住んでいて大阪や京都に本社がある企業しか受験しないとか、地元の企業だけしか受けないという人は東京に行かずに済みますが、だいたいの人はこの疲れを経験します。

 

今回は就活で東京に行くと疲れると言う話がしたいわけではないので、別の話に切り替えます。東京に初めて行った人はだいたい経験すると思うのですが、駅構内に人がめちゃくちゃ多いんです。そのため切符を買うために券売機にいちいち並ぶのは面倒です。

hobby-diary.com

こんな記事を書いた僕が言うのもなんですが、東京に就活に行くならsuicaは必須です。特に就活の説明会イベントみたいなのに行くと切符売り場がめちゃくちゃ混むんですよね。

 

多分昔の僕みたいに地方から来た人がsuicaを用意せずに来るのも原因なんですが、説明会で疲れた後に切符求めてずっと並ぶなんて嫌じゃないですか?だからsuicaは用意した方がいいんです。ちなみにこれ就活系イベントだけでなくコミケでも言えます。

suicaはカードよりもiphoneのアプリを使った方がいい?

f:id:haru_hobby:20180814033851j:plain

アプリを使うかそれともカードを使うかどっちにするかは個人の好みですが、僕はアプリのsuicaを使った方がいいと思ってます。

 

なんでかというとカード版のsuicaだと落としたり家に忘れたりする可能性があるからです。僕は落とすのも家に忘れるのも両方経験して結局今までに2回再発行しましたが、iphoneのアプリだったらこんなことはなかったでしょうね。

iphoneに登録したsuicaなら入金で並ばなくてもいい

Suicaは便利な機能ですが、入金を忘れると切符購入と同様に券売機に並んで直接お金をチャージしないといけないという欠点があります。

 

別に混んでないタイミングならそれで十分なんですが、就活の合同説明会会場で入金してないことに気づいたとかだとめんどくさいですよね。券売機って意外と混むので。

 

僕は東京の合同説明会には参加していないのですが、コミケに参加した時に入金を忘れて並ぶ羽目になりました。並ぶだけで30分以上時間を使いましたし後輩にもめちゃくちゃ怒られました。

iphoneに登録したsuicaなら落とさないし無くさない?

Suicaカードを無くす奴がいてもスマホを無くす奴はなかなかいないんじゃないでしょうか?それにiphoneなら落としたiphoneを検索する機能もついています。 

 

カードだと忘れてしまったらまた同じSuicaカードを買い直したり、再入金しないといけません。忘れるたびにSuicaカードが増えていくなんて嫌じゃないですか。

モバイルsuicaに入金するための2つの方法

iphoneに登録したsuicaに入金するには2つの方法があります。1つはApp storeからダウンロードしたsuicaアプリを使う方法。もう一つはiphoneのwalletアプリを使う方法です。

 

どっちでやっても入金はできますが、walletアプリを使った方が入金金額の融通が利きます。suicaアプリでの入金だと1000円単位での入金になりますので。

suicaアプリを使ってsuicaに入金する方法

まずはsuicaアプリを起動後、ログインします。さらにメニューにある入金(チャージ)を選択して金額を選びます。

 

金額は1000,3000,5000,その他と基本的には千円単位での入金になります。

 

選択したら入金の方法を選びましょう。クレジットカードでの支払いかapple payでの支払いになります。つまりどちらにしろクレジットカードは必須です。

 

どちらかを選択したら支払いを完了させて入金完了です。残高が増えていることを確認してアプリを終了しましょう。

walletアプリを使ってsuicaに入金する方法

 次はwalletアプリでの支払い方法です。まずはwalletアプリのメニュー画面でカードを追加します。

 

その後カードの種類を選択します。僕の場合は交通系ICカードの部分にSuicaがあらかじめ表示されていました。多分他のiphoneもそうだとは思いますが、なければ交通系ICカードのジャンルから探してください。

 

どのsuicaも登録されていなければ、最初はsuicaの登録画面から始まります。自分の持っているsuicaカードの下4桁と自分の生年月日情報を入力後、画面に表示された指示の通りiphoneをsuicaの上に乗せます。

 

するとすぐに読み込みが行われ、これが完了するとカードがwalletアプリに登録されます。ちなみにこの時500円が強制的にチャージされるのですが、これはsuicaのカードを発行した際の預かり金の500円です。

 

別にwalletアプリの初回使用料やsuicaアプリの強制入金とかではないので心配はいりません。ただ、預かり金が返されたということはカードの廃棄と同じ意味になります。メッセージでも言われますが、登録したsuicaカードは入金できなくなるので。

 

登録が完了したら入金手順は簡単です。walletアプリからsuicaをもう一度開いて、右下にあるインフォメーションのアイコンをタップします。

 

そうするとメニューが出てくるのでチャージをタップしましょう。

 

入金金額を指定する画面が出てきます。1000,2000,5000円とまとまった額を指定することもできますが、テンキーから自分の指定した金額を入金することも可能です。

 

金額を入力したら右上のチャージをタップしましょう。そうするとwalletアプリに登録したクレジットカードから指定額が入金されます。

 

もし複数のクレジットカードを登録している場合、どのカードから入金されるか心配ならカードをタップすれば確認することができます。

iphoneにsuicaのアプリをダウンロードする方法

せっかくなのでsuica公式アプリについての説明を。 suicaアプリのダウンロードは簡単でiphoneのappstoreから検索してインストールするだけです。インストール後はアプリを起動し、チケット購入・suica管理から会員登録を済ませます。

 

規約への同意、氏名、メールアドレス、パスワード、秘密の質問を入力すればsuicaアプリの利用準備は完了です。

iphoneのsuicaアプリでできること

suicaのモバイルアプリを使えば登録した端末からsuicaの様々な情報や利用に関する内容を管理できるようになります。

 

例えば紹介している通りsuicaへのチャージがiphoneからできたり、オートチャージもできます。他にも新規suicaの発行、新幹線を含む特急券の購入やグリーン券の購入まで色々な機能を利用することができます。

iphoneのsuicaアプリをフル活用するには年会費が必要かも

残念ながらモバイルsuicaにクレジットカードを登録しようとすると年会費1030円がかかります。実はviewカードというクレジットカードを利用して入ればこの1030円はかからないのですが、多分使っている人は少ないでしょう。

 

年間1030円のためにこのviewカードを作るのも微妙ですしね。就活するならクレジットカードはあった方が便利なのですが、いろいろ付帯効果もあるクレジットカードは多いです。1030円よりも付帯価値のあるカードは多いのでそっちを作った方がいいです。

 

ただviewカードを使うメリットがないわけではありません。viewカードを使えばiphoneでのsuicaアプリがもう一段階便利にできます。何かと言うと、viewカードを登録すればsuicaアプリのオートチャージが可能になるのです。

 

ちなみにsuicaのアプリを使わずともapple payにsuicaを登録して使うこともできますが、その場合iphoneから入金することはできず券売機でチャージをしないといけません。

 

なのでやはり券売機に行かずにiphoneからチャージできるというsuicaアプリのメリットを受けたいならクレジットカードを登録するべきでしょう。

結論:カードのsuicaよりもiphoneアプリの方がお手軽に使える

f:id:haru_hobby:20180814033945j:plain

チャージ切れの場合も券売機に行かなくて済むiphone端末でのsuicaはめちゃくちゃ便利です。カードを使うよりも忘れたり無くすリスクも少ないですし。

 

あとはsuicaの公式アプリを使うかwalletアプリを使うかですが、僕個人としてはwalletアプリで十分かなと思ってます。細かい金額での入金もできますし、どのカードを使っても年会費がかかるということもありませんからね。

-iphone・mac, 就活

Copyright© はるの趣味日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.