Just another WordPress site

はるの趣味日記

ライフハック・雑記

ネットで包丁研ぎが依頼できるって知ってました?実際に試してみたので報告します

投稿日:

f:id:haru_hobby:20180429014207j:plain

 どうも。最近僕は魚をさばくことにハマっています。鹿児島に住んでいたころから魚を捌いてはいたのですが、最近は再ブームが来たような気がします。

 

一応包丁は出刃包丁と柳包丁を使っているんですが、けっこう前から使っているため刃こぼれを起こして切れ味が悪くなっています。切れ味が落ちたら研ぐ。料理でもモンハンでも基本ですが、実は僕包丁を研ぐのが下手なんです...。

 

っていうか包丁を研ぐ手順をそもそも理解していないんです。包丁を研ぐ動きだけなら見様見真似でできるんですが、何番の砥石を使ってとかの話が全く理解できません。前に家にあったよくわからない砥石で包丁を研いだら逆に切れ味が悪くなったくらいですから。

 

本当はこれを機にちゃんと砥石を揃えて自分で包丁を研ぐ練習をしても良かったんですが、僕が持ってる研ぎが必要な包丁なんて魚用の包丁くらいなんですよね。いらないものを増やしても後で困るだけなのでここはひとつプロに研いでもらおうとなった考えたわけです。

今の時代包丁研ぎもネットで頼める

今回は丁研さん(https://www.chouken1004.com/)で包丁研ぎをお願いしました。包丁研ぎもネットで依頼できるなんていい時代になりましたね。まぁ、ネットでっていっても配送は自分でやる必要があるんですけどね。それでも数が少ない地元の刃物屋さんに行くよりはよっぽど楽になってます。

 

今回依頼した包丁は出刃包丁と柳包丁の2本なんですが、料金は柳包丁が900円、出刃包丁が1200円でした。これを高いと見るか安いと見るかは人それぞれですが、個人的にはかなり安いんじゃないかと思います。

 

他のネットで依頼できる店や刃物屋さんのホームページを見ても一番安く買ったですし、砥石を買ってもこのくらいの値段はするでしょう。砥石を買っても僕みたいに包丁研ぎに失敗するリスクはありますからね。今後包丁研ぎを身に付けたいとかでないなら確実に上手にやって貰えることもありますし、こっちの方が良いと思います。

包丁の送り方

丁研さんのホームページに包丁の梱包の仕方や配送の方法が詳しく書かれています。丁研さんはレターパックでの配送がOKなのがありがたいですね。ゆうパックとかを使うと送料も意外と高かったりするので。

 

まぁ、僕はレターパックに柳包丁が入りきらなかったのでゆうパックで送ることになったんですけども...。

 

書かれているのをさらに僕のブログで紹介するのも気が引けるんですが、とりあえず僕はこんな風に梱包して送りましたというのを書いていこうかと思います。

 

f:id:haru_hobby:20180429014227j:plain

包丁の刃の部分をキッチンペーパーで何重かにして巻き付けます。

f:id:haru_hobby:20180429014818j:plain

さらには先の部分をガムテープで補強します。

f:id:haru_hobby:20180429014250j:plain

これをゆうパックやレターパックに入れたら後は配送するだけですね。

 

依頼前の連絡ですが、丁研さんの場合これは特に必要ないみたいです。不安になって依頼したいという旨のメッセージを問い合わせから送ったのですが、そのメッセージは必要ないですよーという風に返事を頂きました。

料金の支払い方法

ではどうやって送料を支払うのかというと、後払いで払込取扱票で支払うか銀行振り込みで払います。僕は払込取扱票で郵便局に行って支払いました。ちなみに送る際の送料はこちら側の負担ですが、研ぎ終わった包丁の返信用の送料は丁研さんで負担してくれます。

研ぎ終わって送られてきた包丁

研ぎ終わった包丁ですがこんな感じで細かい刃こぼれも全部無くなってました。送る前はこんな感じだったんですが...

f:id:haru_hobby:20180429014338j:plain

f:id:haru_hobby:20180429014341j:plain

柳包丁の欠けてるところとか、出刃包丁の葉が均一になって無くてちょっと波打ってるところとかわかりますかね?それが研ぎ終わった後だと...

f:id:haru_hobby:20180429014840j:plain

f:id:haru_hobby:20180429014843j:plain

 刃こぼれもなくなってきっちりキレイな刃が付いています。さすがプロの技ですね。当然ですが研ぎ終わってから魚が簡単に切れます。

 

特に違いを感じたのは出刃包丁でした。50~60cmくらいのそこそこ大きい魚でもスパスパ三枚おろしにできます。

 

ここまで変わるんならさっさとお願いしておけば良かったというのが正直な感想です。魚料理を作るときに魚が簡単にさばけないのはストレスですからね。

-ライフハック・雑記

Copyright© はるの趣味日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.