Just another WordPress site

はるの趣味日記

写真

写真が趣味の僕が将来的に揃えたい理想の作業環境機材を妄想してみる

投稿日:

f:id:haru_hobby:20171112191112j:plain

 写真趣味って難しいもので、写真を撮るだけなら安いカメラとレンズがあればそれで十分なのにやれ高いレンズだ、ハイエンドのカメラボディだのが欲しくなってしまいます。

 

僕は現在金欠なので高い機材に手を出すことは多分ないんですが、お金があったらなんだかんだで機材沼にハマってしまいそうです。

 

しかも写真趣味の沼は機材だけではありません。確かに写真をやってるとレンズやカメラボディにこだわりだして沼にハマる人が多いんですが、カメラ以外の機材もいわゆる沼なのです。ズブズブです。

 

今回は写真撮影が趣味の人が揃えたい理想の作業環境機材について書いていきたいと思います。

写真撮影が趣味の僕が揃えたい作業環境機材

ハイスペックデスクトップパソコン

f:id:haru_hobby:20171112191206j:plain

RAW現像ではパソコンのスペックが必須。動画編集ほどスペックはいりませんが、やはり快適に作業するためにはそこそこハイスペックのパソコンが欲しいところ。

 

フォトショはともかくLrはメモリを相当食いますし、16GB以上は絶対欲しいですね。といっても最近のハイスペックだったり、RAW現像専用のパソコンを謳ってるモデルは32GBのメモリ積んでることも多いので心配は無用なんでしょうけど。

 

デスクトップの利点を生かして、大容量のSSDなんて積んでもらえると嬉しですね。それにハイスペックCPUなんかも積んじゃえば作業のイライラともお別れです。

 

最小構成のsurface proで現像作業をしていたのですが、やはりスペックの問題かLrがカクカクするんですよね。マスク作業なんてしだすともう最悪です。やはりお金のことを考えなければハイスペックであることは正義...。

ハイスペックノートパソコン

f:id:haru_hobby:20171112191218j:plain

さっきのはハイスペックデスクトップパソコンでしたが、今度のはハイスペックノートパソコン。外に持ち出して作業するようです。

 

気分転換にパソコンを持ち出してカフェで作業しようとしたら、パソコンのスペックが低くて逆にストレスが貯まるなんてあってはなりません。

 

僕もいい加減surfaceでの作業に疲れたので、macbook proを買いましたし。メモリが8GBのモデルであることを除けばいい買い物だったと思います。

 

最近のノートパソコンは軽くて高性能なんてものも増えていますし、今後もっとコスパの良い機種が増えてくれるんじゃないかと期待しています。

 

個人的にはパソコンの優先度はデスクトップ>ノートパソコンですね。もちろんデスクトップの方は作業環境を整えられる部屋と、モニターなど周辺機器まで揃えられる予算ありきですけど。

カラーキャリブレーション対応モニター

f:id:haru_hobby:20171112191250j:plain

現像作業で一番こだわるべきなのは写真モニター、なんていう人もいます。写真は色の出方でイメージが変わってきますから、当然と言えば当然。

 

EIZOという会社から出ているカラーキャリブレーションができるモニターがいいらしいですが、なかなかいいお値段するんですよね。10万近かった気がします。

 

モニターが大事なのはわかるんですが、ここに10万近く使えるのはしばらく先でしょうね。

 

ちなみにこういうすごく良いモニターではなくて、1万円台後半くらいの値段の割には悪くないみたいなモニターなら持ってます。ノートパソコンに繋いで作業しているんですが、写真関係の作業に限らずデュアルディスプレイは快適ですね。

 

調べものをしながら文章を書くときとかめちゃくちゃ楽です。ブログ作業をするなら安くてもいいからモニターは1個買っておくのが良いんじゃないかと思います。それこそそこら辺の中古屋の3000円くらいのでもいいので。

NAS

f:id:haru_hobby:20171112191312j:plain

ネットワークアタッチドストレージの略ですね。日本語訳するとネットワークに繋がった記録媒体です。専用の機械の中にHDDを取り付けることで動作します。

 

イメージはHDDをネットワークに繋げましたって感じでOK。ちなみにサーバーとの違いはあまり無いらしいです。パソコンでやればサーバー、記録媒体でやればNASみたいな感じらしいので。

 

ネットワークに繋がっているので、外出先でも家にあるデータを取り出せます。これだけならamazon driveみたいなクラウドサービスと何が違うんだって話なんですけどね。

 

もう一個特徴があって、NASはRAIDという機能を使ってバックアップを取ってくれます。2つ以上HDDをNAS内部に入れておく必要があるんですが、ほぼ自動でバックアップが取れるなんて素敵じゃないですか?

 

...クラウドサービスもバックアップとして使えるって言われたら返す言葉は無いんですけどね。特にamazon driveとかプライム会員になるだけで、写真ファイルに関して無制限ですし。

 

強いて言うなら、ハイテク機器っぽくてかっこいいじゃないですか?NAS使ってバックアップ取ってるって言うのと、amazonにバックアップ取ってるって言うの、どっちがカッコいいかって話です。

プリンター

f:id:haru_hobby:20171112191323j:plain

写真は印刷してなんぼ、と思う僕は古い思考の人間なんでしょうか?少なくとも写真展したければ印刷しなければダメですし...。

 

印刷を考えると、自分のプリンター持ってるのってすごく便利なんですよね。紙の種類さえ合わせてしまえば、大きなサイズに変更しても色味は同じだからコスパはいいし、なにより印刷に時間がかからない。

 

店やネット注文に出すと、しばらく待たないといけませんからね。ちょっと大きいサイズだと1日待たされますし。その点自前のプリンターはめっちゃ便利。

 

もうプリンターは持ってるんですけど、サポート切れちゃいましたし、もし買い替えるならa2対応のプリンターとか買ってみたいんですよね。写真展してて、a3とかa3ノビって小さいなーって。

 

だから次何か写真展やるなら、これ以上のサイズでやりたいって思うんです。だからa2対応のプリンター。プリンター本体の値段よりもインク代や紙代の方が高くつきそうですが、妄想だから気にしない気にしない。

おまけ(カメラ機材について)

f:id:haru_hobby:20171112191333j:plain

理想の作業環境機材とか書いといてカメラ機材のことについて書くのは間違いな気もするんですが、やはり写真趣味となると機材はカメラ・レンズが第一。なのでやっぱりちょっと書かせてください。

サブと本命

カメラボディ・レンズの沼についてはちょっと置いておくとして、サブ機とメイン機で分けてみたいんですよね。

 

サブでお手軽撮影、メインでちゃんと腰を据えた撮影って感じで。いや、サブメインっていうより使う用途で機材を分けてみたいって言うのが正しいかもしれません。

 

例えば、気軽にお散歩撮影だから軽くておしゃれなカメラ、野鳥撮影で望遠が必要だからaps-cの動体用カメラ、風景やポートレートはフルサイズで画質重視みたいに。

 

...結局沼に陥りそうですね。しかもこれ、マウントが違うカメラを欲しがりそうなので沼が加速しそうです。

 終わりに

カメラは機材だけでなく、作業環境機材も沼。いくらお金があっても足りませんね。でも沼にハマるのもモチベーション維持としては正しいような気もします。

 

それにまだカメラなら沼としてかかるお金は安いような?車とかホントに底が見えませんし。沼にハマれるくらい将来お金を稼いでみたいって思う今日この頃です。

-写真

Copyright© はるの趣味日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.