Just another WordPress site

はるの趣味日記

大学生が安く車を持つにはどうしたらいい?おすすめの激安車も紹介していきます

投稿日:

f:id:haru_hobby:20170917135226j:plain

 車持ち大学院生のはるです。今年の4月から車を持ち始めました。親にお金を出してもらったわけではありませんよ。自腹です。

 

...いや、すみません。嘘つきました。1万円だけ出してもらいました。

 

車本体全部込みで11万円で買ったので10%近くのお金を親に出してもらったわけですね。こうやって書くとなかなか大きい割合を出してもらってるように見えます。

 

もしこれが110万円の車なら10万円近く出してもらってるってことですからね。うん、ちょっと後悔。全部自分で払っとけばよかったかな。

 

とにかく僕は10万円で車を手に入れたんです。でも10万円で車を手に入れるということはそれなりに古くて過走行の車を選ばざるをえません。

 

故障や修理も必要になってくるかもしれません。僕の愛車もまだピンピンしてますが、いつぶっ壊れるかもわかりません。

 

それでも最低限故障車をつかまないようにするためのコツと選ぶならどの車種が良いのかという話を今回はしていきます。

激安でお勧めの車

f:id:haru_hobby:20170917135214j:plain

激安車を探す上でとにかく大事な条件が2つあります。

 

まず1つ目、軽自動車を選んでください。車体価格は置いておくとして普通車はいろいろ費用が割高になります。燃費とか車検代とかね。

 

2つ目、タイミングチェーンを使っている車を購入してください。車にはタイミングチェーンもしくはタイミングベルトというパーツが使われているんですが、タイミングベルトはだいたい10万kmくらいで寿命が来て交換になります。

 

交換すると結構お金がかかるので交換する必要のないタイミングチェーンの使われている車を購入してくださいね。

 

あ、この際タイミングチェーンがどういう役割の部品であるかは知らなくても大丈夫です。気になったら調べてください。では具体的な車種の紹介です。

スズキ アルト

おそらく紹介する車の中では一番安く探せると思います。もともとの車体価格が安かったことも理由かもしれません。

 

ただ個人的には年式にも寄りますがちょっとデザインが好きではないですね...。古い車種は本当に古臭いなってデザインしてるので。

 

もちろん車を移動するだけの手段として見るなら全然問題ないんですが。そういうところこだわる人はあまりお勧めできないかも。タイミングチェーン仕様ですし、使う分には全然いいんですけどね。

スズキ アルトラパン

現在3代目のラパンが発売されていますが、あまり似ていないかも。ただ人によっては3代目より二代目や初代の方が好きだって人もいます。

 

ちなみに10万円ちょっとで買えるのは基本的には初代のラパンです。現行ラパンよりも日産のキューブを軽自動車化したような見た目だと思った方が良いかも。

 

四角いデザインのおかげか意外と中は広々です。って言ってもスズキのアルトと比較してですけどね。次に紹介するワゴンRとかムーブは、車内の空間がそれと同じくらいかもう少し広いので。

 

この車もタイミングチェーン仕様です。デザインが好きって人はこの車、意外と狙い目だと思いますよ。

ダイハツ ムーブ

購入の対象になるのは現行型のムーブではなくもっと前のムーブです。って言っても形は大体同じ。

 

きっと昔からかなり完成されたデザインだったんでしょうね。ワゴンRもそうですが、けっこう前から骨格はほとんど変わっていないように見えます。

 

もちろんランプの付き方や内装だったり、いろいろ変わってる部分はあるんでしょうけどね。ある意味普通に乗っていても古臭さを感じにくいかもしれません。

 

この車もタイミングチェーン仕様ですので、安心して購入できます。ホントかどうか知りませんが、スズキとダイハツはほとんどの軽自動車にタイミングチェーンを使っているらしいですね。

スズキ ワゴンR

10万ちょいで探すのは難しいかもしれませんが、無いことはありません。人気なので見つけたらすぐに確認すべきです。

 

ムーブと同様この車もけっこう前から基本的な外観は変わってません。きっとかなり完成したデザインなんでしょう。

 

この車の売りは車内空間の広さ。現代の車内空間を売りにした軽自動車にはかないませんが、それでもかなり車内の空間は広いです。狭い車内が嫌いな人はワゴンRおすすめ。もちろんこの車もタイミングチェーンです。

日産 moco

今までダイハツとスズキの車ばかりでしたが5つ目は日産の車を紹介します。実は僕の本命はこのmoco。

 

さすがにデザインが可愛すぎて僕は選べませんでしたが、女性やそういうのを気にしない男性なら絶対お勧めできます。

 

デザインと車内のスペース、安全性能に強みがあるのでもし見つけたらぜひ検討してみてください。個人的には今まで紹介した車の中で一番現代的な外観をしていると思っています。

 

この車ももちろんタイミングチェーンなのですが、実はそれには秘密があってこの車はスズキのOEM車です。つまり製造はスズキ。スズキの軽はタイミングチェーン製なのでこの車もタイミングチェーンが使われているみたいです。

安く車を買うとしてもここは見ておこう

f:id:haru_hobby:20170917135152j:plain

中古車紹介サイトでわかる部分だと事故の有無、車検の残り。実際に車を見て確認するべきところは車内の臭いです。

事故の有無

軽くぶつけたくらいなら全然いいんですが、たまに車のフレームが歪むレベルの事故から修理された車もあります。さすがにそれは車の安全性的に問題がある可能性が高いので避けてください。

車検の残り

車検の残り日数も気にしてください。車によっては車検無しだったり残り1か月の車とかもあります。

 

逆に車検込みの値段で販売して購入してから車の車検を通してくれる所もありますから念入りに検索して確認しましょう。

 

ユーザー車検で安く済ませても3万以上しますし、ディーラーでお願いするとその倍はかかりますからね。車本体を安く買う意味がなくなっちゃいます。

臭いの確認

水没車を避けるための判断材料です。滅多に当たることは無いと思いますが、水没車はかなり故障しやすくなっています。

 

車は電気系のパーツや大量の金属でできていますから水に弱いのは当然で、一度被害を受けると目には見えなくてもダメージがきっちり残ります。買ってから故障続きでは安く買う意味もありませんし、突然故障されても困りますよね?

 

で、わかりやすいポイントとして車内の臭いの確認とシート下金具のサビの確認をしてほしいんです。洪水は泥や砂が混じっているので車内までそういう水が入ってくるとシートに染みつきます。

 

もし車の中から泥みたいな臭いがしたら要注意です。あとはクーラーの臭いやシート下の金具のサビも注意するといいみたいですね。

車を買うなら地域はどこ?

f:id:haru_hobby:20170917135242j:plain

洪水の多い地域は避ける

洪水に遭って水没した車を避けるためです。軽い水没の場合修理してから一応使えることも多いので修理してから売っているということも多いようなので。できる限りこういう地域の車を避けた方が水没車のリスクを避けられます。

都市圏など人が多いところは車の数も多いのでお勧め

車の数や中古車販売業者が多いと価格の競争も多いので比較的相場から下がりがちです。それに中古車の競売所も人が多いところに作られているので、その近くの販売店は車の輸送料がかからず比較的安く売れます。

 

逆に競売所から遠いところだと輸送料がかかってしまい、割高になりますしそもそも競争相手が少ないと相場より高くなりがちです。

 

もし行けるなら休みの日に高速バス→車に乗って帰ってくるくらいの気持ちで探した方がきっと安く買えます。実際僕は愛知まで車を買いに行きましたし。

 

どうでもいい話なんですけど、愛知県は中古車の競売所が4か所あるらしいですね。なので中古車の数も多くて輸送量も安くなるので相場が他の地域よりも安いらしいです。

終わりに

激安で車を買う=古くて過走行の車を選ぶという意味でほぼOKなはず。でもそれで故障して余計な出費をしたら意味が無いですよね。

 

いくら安くても飛びついてはいけません。考え無しに手を出せば後で損をするのはどんなことでも同じです。いくら安い!お得だ!と思っても一度冷静に考えて購入を決めてください。

 

とりあえずこの記事で紹介したポイントを押さえていれば故障しやすい車をつかむリスクはかなり抑えられると思いますし、購入後の出費は最低限に抑えられるでしょう。

 

住む場所によってはどうしても車が必要になることもありますし、皆さんが安くて質の良い車を購入できることを願っています。

-

Copyright© はるの趣味日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.