Just another WordPress site

はるの趣味日記

就活

就活で夜行バスを使う時に最低限用意しておきたいもの

投稿日:

就活というのは、大学生活の中でもトップレベルの難関です。もちろん面接やweb試験を潜り抜けないといけないという意味でも難しいんですが、もう一つ金銭的な意味での難しさがあります。

 

もし東京や大阪の近くに住んでいるんだったら金銭的な難しさというのは少ないのかもしれません。ですが、地方の大学から就活を行おうと思うとどうしても交通費がかかってしまいます。僕は理系だったのでそこまで大変な金額はかかっていませんが、文系の就活だと交通費だけで100万円近く使うという話も聞いたことがあります。

 

それくらい地方大学生の就活での金銭的負担は大きいんですが、ここで誰もが考えるのが交通費を浮かせるために夜行バスを使うということです。

夜行バスはアリ?ナシ?

個人的には夜行バスは就活では使いたくありませんし、おすすめはしません。やはり夜行バスでの睡眠はどうしても浅くなりますし、寝起きのダルさもベッドで寝るのとは全然違ってきます。

 

特に面接の日にはできるだけ夜行バスを使いたくないというのはありました。なので交通費を出してくれる企業の面接に合わせて別の企業の面接も入れるようにしていましたね。こうすれば電車や新幹線で面接会場まで行けるし、前日もベッドで眠ることができるので。

 

ただ、友人の中には交通費を出してもらえる企業を受けたうえで夜行バスで往復してくる猛者もいました。確かに新幹線代分を出してくれるところを夜行バスで往復すれば万単位で得をすることはできます。

 

それに夜行バスで行けば通常は前泊しなければいけない時も、バス内で寝ることで宿代を節約することができますから悪くない選択肢なのかもしれません。世間的に見れば交通費をちょろまかしているわけですから悪いことなんですけど、多分これどこの学生もけっこうやってるんだろうなぁって思います。

それでも夜行バスを使うなら

それでもどうしてもお金が無いから夜行バスを使わざるを得ないという状況だってあるでしょう。僕もけっこう予算と相談しながら受ける企業数を絞ったり、日程調整をしたりしていたのでその気持ちはよくわかります。

 

なので夜行バスを使う時にせめて少しでも快適に眠るためのアイテムとコツをお伝えしようと思います。

夜行バスでの快適な睡眠のために持っておきたいアイテム

アイマスク

耳栓

空気枕

夜行バスで快適に眠るコツ

夜行バスで快適に眠るために僕がおすすめしたいのはまず靴を脱ぐことです。特に就活中に履いている革靴だと締め付けられて寝苦しくなってしまいます。なので寝るときにはすぐに靴を脱ぎましょう。

 

それとできるなら寝やすいジャージやスウェットのような服で席について、朝目的地に着いたらトイレでスーツに着替えるようにすると寝やすいです。できれば冷暖房に合わせるために体温調節用のタオルケットなどあれば良いかも。

 

ちなみに夜行バス前に大量にご飯を食べてから乗るのはやめておいた方が良いかも。狭いうえに揺れますから気分が悪くなる可能性もあります。軽めに食べて何か菓子パンとかを持ち込んでおくようにするのが良いですね。

夜行バスはできるなら3列シートを選びたい

夜行バスの安い便ってだいたい4列シートで、横に人がいる状態です。そしてある意味これが一番問題なんですが、横の人次第で寝やすさが本当に変わってきます。

 

僕の場合は、横のおじさんがけっこう臭う人でなかなか眠れなかったり、そもそもそのおじさんがけっこう大柄な人なおかげで圧迫されて寝る体制を取りづらかったりで散々な目に遭いました。

 

もちろん毎回そんな目に遭うわけではないですが、本命の面接の日の移動がそんなんだと受かる面接も受かりません。そんな運ゲー要素で大事な面接を落としたくはないじゃないですか?

 

なのでもし夜行バスを使うなら、よっぽどどうでもいい内容でもない限り3列シートの夜行バスを使うことをお勧めします。そして席指定ができるなら最後尾列で。これなら横に座る人の影響を受けませんし、リクライニングも気兼ねなく行うことができます。

夜行バスを使っても問題ないシチュエーション

実際夜行バスで寝不足になって困るというのは面接や試験がある日の話です。例えば別に出ているだけでも問題が無いイベントならむしろ夜行バスなどの安い交通機関を使って交通費を節約すべきだと思っています。

 

例えば、一応のつもりで参加する合同説明会とか、会社にエントリーするために絶対にでないと行けない企業説明会とか。こういう説明会系は別に自分が何かアピールする必要はなくて参加しているだけで大丈夫です。

 

なので前日夜行バスで寝不足だろうが何の問題もありません。むしろ説明会なんて交通費が出ないのが普通なので、ここで少しでも節約するべきなんじゃないでしょうか。

終わりに:本当に夜行バスはコスパがいいのか?

夜行バスで目的地に向かうとだいたは朝6時代に駅に降ろされたりします。そこから面接までの時間どうやって暇をつぶすかとか考えたことはありますか?実際にはここからマックやスタバに入って面接までの時間を潰すんですが、面接が10時スタートだったとして3時間近く時間を潰す必要があるんです。

 

そうなるとなんだかんだで食べ物を注文することになりますし、その時間中に眠れるわけではないのでどんどん集中力も落ちていきます。僕の場合、夜行バスで着いてからネカフェの3時間パックを使うようにしていたんですが、果たしてこれはコスパがいいのでしょうか?

 

もちろん石川⇔東京のように新幹線を夜行バスで代替した場合、ネカフェを使ってもちょっと喫茶店に入っても大丈夫です。全然得にはなりますが、石川⇔大阪とかの場合、ネカフェ代や喫茶店代を考え出すとそこまでお得でもないんじゃないかと思うんです。

 

結局何が言いたいかって言うと、移動費だけでなく面接までの時間を潰すためのお金を考えて費用を計算したほうがいいよってことですね。僕がそのことに気づいた時には、ほぼ自腹で面接に行くことも無かったので。これから就活をされる皆さんの参考になれば幸いです。

-就活

Copyright© はるの趣味日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.