就活

登録すると良い情報が得られる?大手就活用サイトを6つ紹介する

投稿日:

f:id:haru_hobby:20180930190630j:plain

 就活をするにあたってまず必要なものって何だと思いますか?ガクチカ?研究成果?確かにそれも大事ですが、僕としては企業や就活についての情報だと思うんです。

 

これらの情報が無ければ、どう動けばいいのか?説明会はいつやっているのか?そもそもどんな企業があるのか?みたいな就活の基本的な話が始まりません。

 

そこで今回は就活生なら登録しておくべきサービスとして無料で登録できる7つのサービスを紹介しようと思います。逆求人やネット経由の合説イベントなどを求めないならこれらのサイトだけ登録しておけば十分と言えるものを用意しました。

 

全て無料で登録できるサイトなので安心して登録してください。もちろん全部登録する必要はありません。必要そうだと思ったサービスだけ登録すれば大丈夫です。

 

それとメールマガジンなどが飛んでくることもあるので、できれば就活用に準備したgmailで登録するのがオススメです。

就活では携帯キャリアや学校のメールアドレスではなくgmailを使おう!その理由を解説します - はるの趣味日記

マイナビ

f:id:haru_hobby:20180930190645j:plain

マイナビ(2020)公式ホームページはこちら

就活でまず最初に登録したサイトはどこ?って聞くと大半の学生はマイナビかリクナビと答えるんじゃないでしょうか?それくらい就活には常識的なサイトです。

 

登録学生数も登録企業数も抜群に多く、学生からの評価も使いやすさからかとても良いです。それにマイナビ経由で企業にエントリーもできますから、企業探しからエントリーまでなんでもござれの万能サイトと言えます。

 

それと就活だけでなくインターンシップの登録や検索にも対応しているので、就活前の夏から登録している人も多いです。実際僕もインターンシップはマイナビ経由で検索して申し込みました。

 

とても良いサイトです。もし就活サイトでどれか一つだけしか登録できないと言われたらきっと僕はマイナビを選びますね。

リクナビ

f:id:haru_hobby:20180930190658j:plain

リクナビ(2020)公式ホームページはこちら

マイナビと同じく就活の2大巨塔と呼ばれるサイトです。検索から登録まで1サイトで完結するという属性からマイナビとかなり被る部分も多いので、どっちかしか使っていないという人もいますが、僕としては両方とも登録してしまって問題ないと思っています。

 

使いやすさ的にはマイナビの方が上だと思うのですが、リクナビには自己分析のサポートやOpenESと呼ばれる登録したエントリーシートを複数の会社に送れるサービスが搭載されてたりとマイナビには無い魅力があるのも事実です。

 

特にOpenESは会社にもよりますが、要求されることがちょくちょくあります。

careerpark

f:id:haru_hobby:20180930190730j:plain

キャリアパーク公式ホームページはこちら

キャリアパークは就活用の情報サイトです。マイナビやリクナビがエントリーや企業探し用のトップだとすると、こちらは就活情報のトップサイトですね。

 

自己PRの書き方が分からない...とか志望動機なんて書こう...とかガクチカのアピール方法どうしよう...なんて問題にも対応した記事がたくさんあります。正直ここを見れば僕のブログの就活用記事なんて別に見なくてもいいんじゃない?って思うレベル

 

就活用の情報がまとめて手に入るという意味で本当にすごいサイトだと思います。それに加えてコラム記事をサイト内で後で読むに登録しておけば簡単に見直せるのもポイント高いですね。

 

ちなみに100社分の内定者ESのプレゼントもしていますから、せっかくなのでもらってしまえばいいと思います。どうせタダで貰えるので。

就活ノート

f:id:haru_hobby:20180930190754j:plain

就活ノート公式ホームページはこちら

就活ノートはキャリアパークと同じで就活用の情報サイトですね。ただそれだけでなく就活中の学生がリアルな情報を載せてくれているというのがポイントです。

 

キャリアパークを始めとした就活情報サイトは学生ではないライターが記事を書いていますが、就活ノートでは学生の体験談などが載せられています。

 

例えば広報解禁や選考解禁なんてハリボテで実際には裏でガンガン選考が進んでいるなんて記事も書かれています。当然のことなんですが、けっこうぶっちゃけた記事を書くんだなぁと。

 

他にもいろいろ探せばぶっちゃけてる情報が見つかるかもしれません。登録すれば通貨エントリーシートや選考情報の口コミも見放題になりますし、careerparkと一緒にどうでしょうか?

type就活

f:id:haru_hobby:20180930190811j:plain

type就活公式ホームページはこちら

「就活の本質を考える」をキャッチコピーにして就活支援サービスを展開しています。他のサイトとはちょっと違ったサービスを展開していて、例えば合同説明会形式のOB訪問イベントや東京就活キャンプという首都圏以外の学生への一定期間首都圏に留まり集中的に就活に打ち込める環境を作るサービスなどを行っています。

 

特に東京就活キャンプは地方に住んでいる学生の身からすると本当にありがたいサービスです。例えば石川からだと新幹線で往復するだけで3万円以上飛んでしまいますからね。

 

実際には誰でもサービスを受けられるわけではなく、抽選や面談があるようですし、強制で企業とのマッチングイベントにも出ないといけないようですが。

 

ただそれを差し引いても就活時期に首都圏に無料で留まれるのはけっこうメリットが大きいんじゃないかと思います。別に全ての時間マッチングイベントで埋まってるというわけでもないでしょうし、空いた時間で志望企業の説明会にでも参加すればいいんですから。

wantedlly

f:id:haru_hobby:20180930190819j:plain

Wantedl公式ホームページはこちら

 wantedllyは最近若い人に人気の就活サイトです。マイナビやリクナビほど形式ばった就活サイトではなくSNSのような気軽さで、企業にエントリーできるのがwantedllyの強みですね。

 

企業と手軽に連絡を取れるだけでなく、面接も「話を聞きたい」というタブから応募できて手軽なのが魅力的です。

 

また、マイナビやリクナビは大手企業やその子会社、中小企業であってもけっこう歴史のある企業が多いのに対してwantedllyはどちらかというとベンチャー系の企業が多いです。

 

なのでベンチャー企業を狙いたいと思っている学生は登録しておいて損はないかも。インターンシップの募集も多いですし、ベンチャーの長期インターンなどを狙いたいなら必見です。

終わりに

今回紹介した就活サービスは就活のツールに使えるサイトや情報を貰えるサイトです。これは実は就活サービスの一例で、他にも逆求人サイトやOB・OGとサービスを通じて合うことができるサービスなどいろいろなものが存在します。

 

ほんの数年前はリクナビ・マイナビくらいだった気がするんですが、最近は就活サービスも変わりつつあるんでしょうね。あと数年もすればもっとたくさんの就活に役立つサービスが出てくるんでしょう。

 

知っているのと知らないのでは結果に差が出る可能性もありますから、就活や研究の合間の息抜きに便利な就活サービスについて調べてみるのも楽しいかもしれません。

学生におすすめのクレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカード

大学生ならアルバイトしてなくても作れる学生限定クレジットカード。年会費は初年度無料、翌年度以降も前年度に1回でも使っていれば無料。つまり実質タダ。

持っておくと自動的に26歳でプライムゴールドカードに、30歳でゴールドカードに切り替わる。

普通のクレジットカードだが、持っておくだけで価値があるカード。とてもおすすめ。

JCB EXTAGE

JCBオリジナルシリーズのクレジットカード。機能は普通。年会費は無料。しかしJCBカードを手に入れることで契約できるJCBトッピング保険が強い。

月額240円の携行品保険を契約すれば、再調達価格での補償が貰える。カメラが趣味の人のように機材を壊すと出費が大きい人にオススメ。

トッピング保険には携行品保険だけでなく自転車プランや日常生活賠償プランなど計8つの安くて魅力的なプランが存在する。

三井住友VISAデビュープラスカードよりは申請基準が高いかもしれない。

JCB EITカード

-就活

Copyright© はるの趣味日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.