就活

プログラミングスクール「Tech:CAMP」の特徴と就活への利用方法

更新日:

f:id:haru_hobby:20180930063517j:plain

どうも。現在プログラミングで苦しんでいるはるです。一応情報系っぽい研究をしているのでプログラミングは必須なのですが、僕にはあまり適性がないようで。いやぁ、つらいつらい笑

ところで最近プログラミングスクールを勧める記事をよく見かけません?

将来IT系の人材の需要が伸びていくし、今でもすでにIT人材不足!だからプログラミングができる人材は求められている...とかプログラミングを学んでフリーランスで独立しています...なんてドヤ顔で書いてるブログをたくさん見かけるんですよ。

否定はしないし、そこそこ慣れてくればきっとお小遣い稼ぎはできるでしょう。スクールによっては職も斡旋してくれます。ただ、その道が幸せとは僕には思えないんです。フリーランスになっても数万円のお小遣い程度じゃ生活はしていけないですし、斡旋される職は人手の足りてない地獄のIT現場なんじゃないですか?

少なくとも僕にはそう思えて仕方がない。それを分かってか分からずか人に勧めるのはちょっと酷い話なんじゃないかと思うんです。

いや、今から僕もプログラミングスクールを勧める記事を書くんですけどね。アプローチが違うってことをまず最初に分かってもらいたかったんです。

話を戻して、個人的な意見ですがそんなうまい話があるかーい!って感じ。スクールに通えばプログラミングでフリーランスにもIT人材にもなれるとか資格とったら即ベテランくらいの嘘っぱちです。

だったら僕も情報処理試験の資格取って今頃は研究カンペキ、学会発表でも賞取りまくりじゃーい!!

別にプログラミングを勉強することで職にあぶれないなんてことはない

プログラミングの書き方がわかることとプログラムが0から組めることは同じではありません。プログラムが0から組めるということには大きな価値がありますが、書き方がわかるというのには大した価値はないのです。

もちろん書き方さえわからなければ0から組めるようになるなんてことはあり得ないんですけどね。ただプログラミングスクールに通えば0から組めるのか?って言われたらそれはないんじゃないかと思うんですよ。

結局プログラミングスクールにわざわざ通う人ってプログラムを日常的に書く環境なんてないわけです。でも0から組めるようになるにはいろんなプログラムを書いて慣れを身につける必要があるんです。

短期間プログラミングスクールでプログラムを書いてても、期間が終わればもうそれでプログラムは書かなくなるでしょう。そしたら0からの組み方どころか書き方すらも忘れて終わりです。それ...全く無意味じゃないですか?

プログラミングを勉強したいだけなら独学でも十分だし、もっと安いサービスがある

もちろんプログラミングスクールに通えばわからない部分は教えてもらえます。質問すればすぐに教えてもらえますからストレスは少ないでしょう。独学をしないで済む。これが大きなメリットであることは事実です。

でもそれだけ。そのためだけに月々で何万も支払う価値があるのか?と思うんです。スクール独自のテキストだって、入門本を買えば同じくらいわかりやすく説明されています。

ガイドラインが欲しいのなら、progateやudemyを使えばそれで十分でしょう。progateは月額にしてももっと安いですし、udemyも安い上に買い切りです。プログラムでわからない部分があればteratailで聞けばいいんです。

...ちょっと貶しすぎたので少しだけ褒めます。スクールを卒業すれば職を斡旋してくれるところもありますし、そこは評価するべきポイントなのかなとは思っています。

ブラックバイトばかりしかしてこなかったけど、(幸せかどうかは別として)IT職で正社員を目指す!とかそういうのを狙う人には価値があるかと。大学生ならそういうところで斡旋される職よりも新卒で就活したほうがいいところにいけるよってアドバイスしたいところですが。

ではプログラミングスクールに通う意味はあるのか?

ここまでで何が言いたかったかっていうとプログラミングスクールにおいて、プログラミングを学ぶということに関する費用対効果は低いと言いたいのです。他の手段で代替できちゃいますからね。

ですが...

プログラミングスクールに通っていたという事実に関しては就活を進めるうえで大きな武器になると思っています。

今後の将来を見越してプログラミングを学ぼうと思った。しかし独学では難しいのでスクールにわざわざ通うことで実力の向上を図った。最終的には優れた制作物を作り上げた。なんて筋が通っていると思いません?

僕は全くそうは思いませんが、今後はITスキルが重要になるという言葉はしっかり未来を見越していると面接官に思わせることができると思うんです。さらにわざわざスクールに通ったという行動力も示すことができますし、プログラミングスクールの完了率の話をしてもいいかもしれません。話し方はいくらでも組み上げられます。

もっと自分が就活で自信を持って話をできるエピソードがあるなら絶対にそっちを話すべきですが、今までなにもしてこなくて就活前に焦っている学生がいるならお金でそこそこのエピソードを買えると思っていいのかなー?と思うんですよ。

まぁ、これで失敗したから責任とれ!金返せ!なんて言われても僕にはどうもでいないんですけどね。性格の悪い僕はこれまで何も対策を組まなかった自分が悪いんじゃないの?って思ってしまいます。

あとは...そうですね。要領の良い学生なら無料体験に行った話だけで、エピソードを組むことだって多分できます。今から紹介するTech:CAMPも無料体験ありますよ。

プログラミングスクールの中で最も就活に活かせそうな要因が多いスクールはTech:CAMPだ!

プログラミングスクールなんてぶっちゃけどこでもいいとは書きましたが、卒業しておかないとやはり話すことが無くなるのも事実。

なので卒業率の高いスクールを選ぶのが良いかと思います。その点、ちょっと話を盛っているかもしれませんが、TECH:CAMPは受講者数1万人以上に対してサービス提供しているので適宜システムの改善もされているでしょう。

ちなみに満足率98%と書かれてはいますが、受講後アンケートなのでやり切った人に対するアンケートです。卒業できた人の割合が98%なわけではないので要注意。

プログラミングスクール TECH::CAMP(テックキャンプ)

まぁ、0からプログラミングを学ぶことは難しいって話もできるので就活で話すと継続力とか根性とか評価してもらえるかも。そういう話がしたいなら卒業したときに「ちなみにこのスクールの卒業率って何%くらいなんですか?」って聞いてみるのもアリかも。

制度

受講の流れとしては

  1. 無料説明会・体験会
  2. 本申し込み・入金
  3. 受講前面談
  4. 2週間前からのテキスト閲覧
  5. 受講開始

という感じ。受講開始からはメンターという指導者のような方についてもらって学習を開始します。

メンターとの個別面談ができるところやプログラミングの質問がしやすいなどプログラミング学習を継続しやすい環境を揃えてくれているのはありがたいポイントですね。

料金

TECH:CAMPには複数コースが存在するんですが、基本的にはどのコースをどれだけ受けても定額です。つまりスクールが月額制なんですね。

気になる料金は入会金が128000円で、月額料金が12800円です。初月の月額料金は無料なので1ヵ月で終わらせる場合は128000円ですね。

他社プログラミングスクールの競合であるTECHACADEMYは4週間で1つのコースを学ぶプランで最安89800円です。学割を使えば89800円になるという話なのですが、社会人だと129000円です。

学割ならまだしも社会人だとTECH:CAMPの方がコスパは良さげ。ただ、これはワンコースあたりの話で、追加で別コースを受講しようとすると同じくらいの料金が追加でかかります。

TECHACADEMYには別で24週間全コース受け放題のプランもあるんですが、学割を使っても248000円します。高い。そして社会人の場合だと398000円。めっちゃ高い。

TEC:CAMPなら6ヵ月月額料金払っても192000円。学生だと56000円お得社会人だとなんと200000円ちょっともお得です。差額がヤバいですね。

と、コスパ的にはTECH:CAMP>>TECHACADEMYだとは思うんですが、TECHACADEMYの方がメンターの方のレベルは高いという話もあります。それとTECHACADEMYは全コースとも転職サポートに対応しています。それに対してTECH:CAMPは40万円するTECH:EXPERTしか転職に対応していません。

就活エピソードのためにプログラミングスクールに通うなら卒業して目標の成果物やそれに付随するエピソードさえ作れればこっちの勝ちなので、ぶっちゃけメンターのレベルとか転職サポートとか大した問題じゃないんですけどね。

コスパ的にはTECH:CAMPで必要な結果を出すためのコースを2つ分、2ヵ月で終わらせてしまうのが一番コスパが良いんじゃないかと思います。

オンライン受講orオフライン受講

プログラミングスクールには珍しくオンラインでの受講と実際の校舎に通って学習するオフライン受講が用意されています。

オンライン受講は言うまでもなくネットを通して学習するシステムで、わからない部分も適宜チャットアプリで質問するというスタイル。

それに対してオフライン受講は校舎で学習し、プログラミングの質問も直接会って行います。

どっちがいいと言われたらどっちでもいいです。やり切れるなら学習の結果に違いはありません。ただ校舎がある場所は限られているので地方在住の人はオンライン一択になります。

校舎の場所は以下の通りです。

関東地方 渋谷校 東京都渋谷区道玄坂2丁目10番12号 新大宗ビル3号館8階 営業時間: 16時~22時(平日)、13時~19時(土日祝)
関東地方 新宿校 東京都新宿区新宿2-19-12静銀ビル5F 営業時間: 16時~22時(平日)、13時~19時(土日祝)
関東地方 池袋校 東京都豊島区南池袋3-13-8ホウエイビル9F 営業時間: 16時~22時(平日)、13時~19時(土日祝)
関東地方 東京駅前校 東京都中央区京橋1-11-2八重洲MIDビル7F 営業時間: 16時~22時(平日)、13時~19時(土日祝)
関東地方 御茶ノ水校 東京都千代田区外神田2丁目7−1 開花ビル2F 営業時間: 16時~22時(平日)、13時~19時(土日祝)
関東地方 早稲田校 東京都新宿区馬場下町62−18 早稲田武蔵野ビル4階 営業時間: 16時~22時(平日)、13時~19時(土日祝)
中部地方 名古屋校 愛知県名古屋市中村区則武1-9-19 協和名駅ビル 営業時間: 16時~22時(平日)、13時~19時(土日祝)
近畿地方 梅田校 大阪府大阪市北区中崎西2-4-43 山本ビル梅田5階 営業時間: 16時~22時(平日)、13時~19時(土日祝)

コース

現在Tech:CAMPには複数のコースが存在しています。

  • webサービス開発コース
  • VR・3Dゲーム開発コース
  • オリジナルアプリ開発コース
  • デザインコース
  • AI(人工知能)入門コース
  • iPhoneアプリ開発コース

これら6つのコースです。どれも毛色が違うので簡単に説明していき、最後にどのコースを選ぶべきなのかを説明したいと思います。

webサービス開発コース

Rubyというプログラミング言語Ruby on Railsというフレームワークを使ってwebサービス開発を学びます。作成するものはレビューサイトやSNSなどのwebサービス系の成果物です。

Ruby on Railsなどのフレームワークはすでに実装されたプログラムを呼び出して成果物を作成するので初心者でも相応のモノが作れることで人気です。

それ以外にもwebサービス開発に必要となる基本的なhtml,css,java script,SQLなどの技術も学習できます。...ちょっと0からやるには多い気がしますがちゃんと勉強すればモノは作れるでしょう。

webサービス開発コースで身に付くスキル

1.プログラミングの汎用的な概念と文法を理解できる
2.HTMLとCSSを使ってWebページを構築できる
3.Ruby on Railsを使ってWebサービスを0から構築できる
4.JavaScriptを用いてサイトに動きをつけることができる
5.SQLを使ってDBからデータを抽出することができる

VR・3Dゲーム開発コース

UnityとC#というプログラミング言語を使ってVR・3Dゲームの開発を学ぶことができます。Unityは個人でも無料利用ができ、参考になる本もたくさん出ていますね。僕の友人も独学していろいろ作っていました。

結局Unityとは何なのかというと、Ruby on Railsと同様にunityのライブラリを呼び出すだけでゲームが作れてしまうというモノで、さっき話に出たフレームワークと同じようなものです。VR・3Dゲーム開発コースではこれを使ってコースを進めます。

ゲーム制作には興味がある人が多いと思うので、せっかく学ぶなら自分の興味の湧きそうな分野を選んでみてはどうでしょうか。

VR・3Dゲーム開発コースで身に付くスキル

1.C#を使ったプログラミングの概念と文法を理解できる
2.ゲームエンジンUnityの基本的な使い方をマスターできる
3.2D・3Dゲームを開発できる
4.Unity上で開発した3Dゲームを動かせるようになる

オリジナルアプリ開発コース

オリジナルアプリ開発って、話が曖昧過ぎない?と思った人。僕もそう思います。ただ、これこそ僕としては使い道が抜群なコースだと思っています。

このコースで何が作れるかと最初に書いてしまうと、Webサービスと3Dゲームです。なので、基本的にはあらかじめプログラムを書いた経験とwebサービスor#dゲーム系の知識がある前提。

初学者はwebサービス開発コースかVR・3Dゲーム開発コースを受講してから挑むことになるのですが、自分のアイデアをメンターと相談して実装することができます。

で、これをちゃんとやるとどうなるかって言うと、やはり就活で活かせるんですよね。カリキュラムに乗っているアプリを教材の通りに作ったわけではなく、自分のオリジナルアプリを開発したと言い張れるんですから。

それと公式には副業で稼ぎたい方とあるのですが、確かにオリジナルのwebサービスやゲームを作れば広告費で儲けることもできるかもしれません。上手く行くかは運ゲー要素がありますが、可能性は0ではありません。上手くやればお小遣いくらいにはなるでしょう。

オリジナルアプリ開発コースで身に付くスキル

1.ゼロからサービスを作るための流れを理解できる
2.Gitを使ってソースコードの管理ができるようになる
3.インターネット上で自分のWebサービスを公開できるようになる

デザインコース

デザインコースではillustratorやphtoshopを使ったデザインの整え方、日々の資料やスライドを奇麗に作る方法を学ぶことができます。

できることは画像加工やバナー作成、名刺作成、webデザインなどのようで、ぶっちゃけプログラミングよりもこっちの方が普段の生活だと役に立ちそう。

就活では役に立ったり立たなかったり。技術プレゼンの資料を工夫して作ると面接でめっちゃ褒められますが、これはデザイン系の本を1冊軽く流せば十分なので。就活用に受講するには重たすぎるかなと。

デザインコースで身に付くスキル

1.どんなデザインにも必須となる基本的なルールとテクニックを理解できる
2.Webサイトを美しくデザインするワイヤーフレーム制作技術
3.Illustratorを使ったロゴ・ポスターなどの制作技術
4.PhotoShopを使った画像加工の技術

AI(人工知能)入門コース

AI(人工知能)入門コースでは、pythonを使って人工知能をプログラムする技術が身に付く...そうです。とてもキャッチ―な内容ですね。

面白い話なんですが多分非情報系の人が学んでもそんなに使い道は無いですし、情報系の人がやるには大学でもっとしっかりした講義があるはずなのでぶっちゃけ微妙なコース。

pythonのライブラリにも機械学習を実装するライブラリなんていっぱいありますからね。理論を学ぶにしても実装をやるにしてもわざわざここでやる必要はないかなって言うのが正直な感想です。

趣味や勉強の取っ掛かりで受講するには一番面白そうなコースではあるんですけどね。

AI(人工知能)入門コースで身に付くスキル

1.人工知能の原理を理解できる
2.Pythonを使ったプログラミングの概念と文法を理解できる
3.Pythonを活用し複雑なデータの分析ができるようになる
4.目的に応じてデータ解析方法を取捨選択できるようになる
5.ディープラーニングの元となる機械学習を使ったデータ解析プログラムが書ける

iPhoneアプリ開発コース

みんなおなじみiPhoneで使えるiOSのアプリケーションを作るコースです。使用言語はSwiftというプログラミング言語で最近のiOSアプリはだいたいこれで作られているみたい。

なので定番を学ぶって感じですね。実際に作ったアプリをアプリストアにリリースもできます。iPhoneアプリを作ってるって言えるのは、就活で使えるかはともかく人に話すには面白い話題になりそうですね。

iPhoneアプリ開発コースで身に付くスキル

1.Swiftを使ったプログラミングの概念と文法を理解できる
2.Xcodeを使ってiPhoneアプリを0から構築することができる
3.ニフティクラウドを使ったデータベース連携ができるようになる
4.作ったアプリをストアにリリースすることができるようになる

コースはどれを選ぶべき?

就活で話をしたいなら、何か自分のオリジナルアプリを作ったって話までできればかなりいい感じですね。

つまりwebアプリケーションコースかVR・3Dゲーム開発コースを受講してオリジナルアプリ開発コースを追加で受講するのがいいかと思います。メンターへの質問とか勉強とか惜しまずやれば2ヵ月くらいで終わるんじゃないかと思います。本気でやれば。

敢えて順位付けをするなら

  1. Webアプリケーションコース+オリジナルアプリ開発コース
  2. VR・3Dゲーム開発コース+オリジナルアプリ開発コース
  3. iPhoneアプリ開発コース
  4. デザインコース
  5. AI(人工知能)入門コース

ですかね。あくまで僕が就活用で受けるならって考えた場合ですけど。

それとゲーム会社を受けたい人でプログラミングスクールを考えている人はは絶対にVR・3Dゲーム開発コース+オリジナルアプリ開発コースにするべきです。

理由は簡単で、ゲーム会社への就活はほぼ確実に成果物を求められるから

むしろコースを受講して開発の要領を掴んだら、さらにレベルの高いものを目指してどんどん改良するように頑張らないといけません。

それくらいゲーム会社への就職は狭き門なので。正直ゲーム会社のみを志望して就活するのは個人的にはお勧めできないってレベルで難しいです。

Tech:CAMPに通った事実をどう就活に活かすのか?

プログラミングスクールに通った事実は、話し方を間違えなければ学生時代に力を入れたエピソードに使えます。

ただ、なぜスクールに通ったのかを考える必要があります。なんとなく通ってかんとなく成果物を作りましたー、ではどんなスゴイものを作っていても評価は低くなってしまいます。

重要なのはなぜスクールに行ってプログラミングを学ぼうと思ったのか。そして成果物ができて目的が達成できたのか、です。

このあたりのストーリーはスクールに通う前からよく考えておく必要がありますね。参考までにこういう風にストーリーを組めばキレイになるんじゃない?という例を載せておきます。

  1. 釣りが好きで、釣果の情報と釣果の条件を載せるサイトがあれば役に立つんじゃないかと考えた
  2. しかしそういうサービスはない。もともと自分も技術には興味があったのでこれを機会に作ってみようと思った。
  3. しかし独学でやるには難しいので、プログラミングスクールに通うことにした
  4. スクールを卒業し、身に付けた技術でwebサービスを作ることができた
  5. それ以降プログラムにハマっていろいろなプログラムを書いている

...釣りの情報サイトはもうすでにあるんですけどね。まぁ、なんにせよ自分が何かしらの理由で欲しかったからプログラミングに手を出したって理由にすれば話が組みやすいと思います。よければこっちも。

プログラミングスクールに通っていたという話は就活で役に立つのか考察 - はるの趣味日記

ゼロからサービスをリリースできるレベルまで到達。

学生におすすめのクレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカード

大学生ならアルバイトしてなくても作れる学生限定クレジットカード。年会費は初年度無料、翌年度以降も前年度に1回でも使っていれば無料。つまり実質タダ。

持っておくと自動的に26歳でプライムゴールドカードに、30歳でゴールドカードに切り替わる。

普通のクレジットカードだが、持っておくだけで価値があるカード。とてもおすすめ。

JCB EXTAGE

JCBオリジナルシリーズのクレジットカード。機能は普通。年会費は無料。しかしJCBカードを手に入れることで契約できるJCBトッピング保険が強い。

月額240円の携行品保険を契約すれば、再調達価格での補償が貰える。カメラが趣味の人のように機材を壊すと出費が大きい人にオススメ。

トッピング保険には携行品保険だけでなく自転車プランや日常生活賠償プランなど計8つの安くて魅力的なプランが存在する。

三井住友VISAデビュープラスカードよりは申請基準が高いかもしれない。

JCB EITカード

-就活

Copyright© はるの趣味日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.