iphone・mac

今更だけどairpodsレビュー!値段は高いがairpodsはiphoneの最高の相棒だ

投稿日:

f:id:haru_hobby:20180708214937j:plain

 ちょっと前にapple純正のワイヤレスイヤホンであるairpodsを購入しました。耳からうどんが出てるwwと揶揄されることもあるこのイヤホンですが、一度使わせてもらった際にドはまりしてしまい自分でも購入しました。

 

発売当初からその後しばらくは売り切れ続出でプレミア価格で出回っていたほどの製品ですが、最近だともうそこまで入手が難しいモノではなくなりましたね。僕も欲しいと思ったときにすぐに手に入れることができました。

 

購入後からしばらく使っているのですが、なかなかいいじゃないですか。特に余計なコードが無いコンパクトなワイヤレスイヤホンという点はとても気に入っています。高い製品ですがこの解放感は値段分出すだけの価値はあったんじゃないかと。

iphoneとairpodsのペアリングはめちゃくちゃ簡単

 iphoneとairpodsのペアリングは製造メーカーが同じだからか、そう設計されているおかげかはわかりませんがめちゃくちゃ簡単です。なんとiphoneの近くでairpodsのケースを開けるだけ。

f:id:haru_hobby:20180708215453j:plain

そうするとiphone側にairpodsを接続するかどうかのポップアップが表示されます。このポップアップで接続を選べばそれだけで完了です。

f:id:haru_hobby:20180708215438j:plain

接続完了後はケースとairpodsの残り充電量が表示されます。

f:id:haru_hobby:20180708215507j:plain

ちなみにairpodsを片方だけケースから抜き取ると、airpodsの左と右の充電量も分けて表示されます。つまり片側だけでも使えるんですね。昔ヤフオクで探した時にirpodsの片側だけで売られていた意味がちょっと分かった気がします。

他のapple製品とのペアリングも簡単

自分の iphoneとのペアリングを済ませてしまえば、同じicloudアカウントでログインしているapple製品、例えばmacだったりiPadだったりとは簡単にペアリングすることができます。

 

Macやiphoneは連係機能がありますが、イヤホンであるairpodsにまでそういう連携的な機能を持たせてくるなんてさすがappleですね!

airpodsの充電方法と充電の持ちについて

f:id:haru_hobby:20180708215551j:plain

airpodsはケースにライトニングケーブルを挿しこむことで充電できます。airpods自体には充電用のケーブルはついておらず、ケースに戻してケースに充電することで間接的?に充電することになります。

f:id:haru_hobby:20180708215535j:plain

ケースだけを優先的に充電したければ、airpodsをケースに戻さずにライトニングケーブルを挿しこめばいいですし、airpodsの片側だけを充電したければ充電したいほうだけを戻して充電すればそれも可能になります。

 

充電の持ちですがなかなか素晴らしいじゃないですか。家に帰って気が付いた時に充電していれば全然残量を気にする必要はありません。公式ではairpods側は充電満タンで5時間駆動するそうです。ケースの充電量を含めれば24時間以上の駆動もするそうです。

 

...多分そこまで駆動時間は長くないと思いますが、それでも使ってみた感じでは普段使いをする分には十分な駆動時間を誇っていると思います。

これだけの連続長時間の使用を実現できたのはW1チップのおかげ

  airpodsだけでなくbeatsXという別の製品にも搭載されているW1チップ、apple公式によるとこのチップによって長時間の連続稼働を可能にしているそうです。

 

電力を食いがちなワイヤレスイヤホンで充電切れのストレスなく使用できる状況を作り出せたのは、W1チップと充電可能なairpodsケースのおかげでしょうね。ワイヤレスイヤホンでありながら充電切れのストレスを感じないというだけでairpodsには価値があるんじゃないでしょうか。

airpodsとiphoneの連携で使える便利機能

airpodsはイヤホンを2回ポンポンとタップすればいろいろな機能を使うことができます。airpodsはイヤホンとしてもなかなか有能ですが、iphoneとの連携にこそ価値がある製品だと思うんですよね。

左右のairpodsに別々の機能を割り当てる

ダブルタップによる機能呼び出しですが、実はこれ左右別々で機能を割り当てることができます。例えば左をダブルタップすればSiriを呼び出し、右側をダブルタップすれば音楽の一時停止ができるとか。せっかくなので方法も説明しておきましょう。

f:id:haru_hobby:20180708215707j:plain

まずは設定からbluetoothを開きます。そしてbluetoothの中にある接続済みのairpodsのiマークを押してください。するとairpodsの設定画面に行けます。

f:id:haru_hobby:20180708215828j:plain

真ん中の左・右の所にSiriと設定されているので今はどちらをダブルタップしてもSiriが起動しますが、ここを設定することで機能を変更することができます。設定できる機能は

  • Siriの起動
  • 音楽の再生/一時停止
  • 次のトラックに進む
  • 前のトラックに進む

の4つです。基本的には音楽の再生機能に関するものです。

電話がかかってきた時にairpodsを2回タップすれば電話応答ができる

音楽に関する機能ではないですが、もし電話がかかってきたときにairpodsを装着していればダブルタップするだけで電話に出ることができます。しかもマイク付きなのでわざわざiphoneを手に取らなくてもそのまま喋ることができます。

 

便利ですが耳からうどんを垂らした男が独り言を言っているように見えるので使いどころは考えた方が良いかもしれません。

airpodsは片耳だけでも外すと音楽が止まる。対策としての片耳だけでも音楽再生する方法

airpodsは両耳もしくは片耳だけでもイヤホンが耳から外れると自動で音楽の再生が中断されます。最初はこの部分の設定が分からずにイライラしました。airpodsを使って唯一イラついた部分です。わかってしまえば簡単なことなんですけどね。

 

簡単なことで、片耳を外している状態の時にもう一度再生ボタンを押せばいいだけなんです。これで片耳でも音楽の再生が続行されるようになります。ただ、両方を付けなおしてしまうともう一度同じことをしなければなりません。

airpodsを外したときに音楽が止まるのが嫌なら自動耳検出をオフにするのもあり

f:id:haru_hobby:20180708215846j:plain

 いちいち片耳を外して再生を押し直すのがめんどくさいとか、そもそもイヤホンが外れたら音楽が止まる機能がいらないという人は自動耳検出をオフにしてしまった方が早いですね。

 

この機能をオフにすると耳から外れたら音楽が止まる機能が全てオフになります。設定は簡単で設定→bluetooth→airpodsから自動耳検出をオフにするだけです。ダブルタップの機能割り振りをしたときと同じ手順で進めば見つかります。

airpodsの音質はどんなもん?

 いろいろとiphoneに入れた音楽を聞いて比較してみました。僕自身はオーディオにそこまで詳しいわけではありませんので音質に関しては完全な素人レビューになります。

 

で、結論から言うとなんですが音質はどの音楽もとても聞きやすいです。高い音楽も低い音楽も音量を上げてみても音割れがする感じとかは特にしませんでした。ですがちょっと迫力にかけますね。どの音楽も及第点って感じ。あぁ、いいイヤホンだなみたいな。

 

ワイヤレスイヤホンで密封型ではないイヤホンでこれだけの音質と快適さを保てれば性能としては素晴らしいのかもしれませんが、もしiphoneとの連携などの便利機能無しだったら2万円近く払ってわざわざ僕は買わないですかね。

 

オーディオ関係に疎いので、どのくらいの値段を出せばどれくらいの性能が手に入るとか全くわからない僕ですが、もしかしたら2万円のイヤホンの音質というものに期待しすぎている感はあるかもしれません。オーディオに詳しい人が聞くとまた違った評価をするんでしょう。

airpodsの遮音性は?

 音質の話にも出てきましたが、airpodsは遮音性は特に高くありません。カナル型のイヤホンではありませんからね。音楽を聴きながら普通に人の会話も聞き取れます。

 

もしかしたら街でもイヤホンを挿しながら歩いても事故を起こさないようにそういう設定にしているのかもしれませんね。で、遮音性の高くないイヤホンの宿命なのかもしれませんが、音量を大きくすると普通に音が漏れます。

 

耳検出をオフにして目の前に置いた状態で音楽を流して確かめました。音量最大にするとそこそこ大きな音が漏れていましたね。

airpodsを実際に使った感想

普段部屋で使ったりしているわけですが、野外で使ってみたりイヤホンが取れやすい状況で使ってみました。

釣りをしながら1日使った感想

f:id:haru_hobby:20180708214954j:plain

 最近釣りにハマっているので釣りをしながら音楽を聴きました。ルアー釣りでけっこうキャスティングすることも多かったのですが、全然落ちたりはしませんでした。人によってはぽろぽろ落ちるらしいですが、airpodsは僕の耳にフィットしているのかなかなか落ちたりはしませんでしたね。

 

充電についても朝から夕方まで釣りをしたのですが普通に持ちました。ただこれは釣り場の移動中に逐一ケースに戻していたからだと思います。そうでなければ普通に公式の稼働時間超えてますし。

ジムで筋トレやランニングマシーンで走りながら使った感想

 釣りの次はトレーニングでの使用です。ランニングマシーンや筋トレ器具を使いながら音楽を聴きましたが、こちらも全く問題はありませんでした。

 

筋トレの中で一番頭を振るのは腹筋だと思うのですが、それでも問題なかったので多分何やっても大丈夫でしょう。airpodsが防水だったかは覚えていませんが、汗で壊れたりしないことを祈るのみです。

airpodsとiphone付属の有線イヤホンとの比較

airpodsとiphoneを購入したときについてきた有線のイヤホンを比較してみます。ちなみに付属の有線イヤホンはearpodsというらしいですね。

 

外観は同じメーカー製というのもあってかかなり似ています。っていうかearpodsからケーブル部分を取り払ってワイヤレス化したのがairpodsってイメージでいいのかも。

 

比べてみるとわかりますが、やはり完全コードレスのワイヤレスイヤホンってかっこいいですね。ごちゃついた線が無いだけでここまでカッコよくなるなんて。

 

そしてコードレスはカッコいいだけでなく、機能的にも素晴らしいです。筋トレやランニングをしながら使っているとどうしてもコードに引っかかって落ちることがありましたからね。そういう意味でもコードレスの恩恵はあります。

 

最後にairpodsとearpodsの音質ですが、airpodsの方が上です。聞き比べると全然違いました。全体的にワンランク上な感じはしましたが、特に低音の部分が違います。airpodsの方がどっしりとしていて、earpodsじゃ聞こえないような低い楽器の音まで聞こえました。

 

音質的には大差無いんだろうなって思っていましたがここは意外でした。しかも初心者の僕にもはっきり違いが分かるくらい性能が違ったなんて。

airpodsが耳に合わずに落ちるという人はイヤーパッドを買ってもいいかも

 人によっては耳からぽろぽろ落ちるという話もあるairpods、その対策はイヤーパッドを付けることくらいでしょう。投げやりですが、イヤーパッドを付けるだけで耳へのフィット感が改善されるらしいですし、悩んでいる人は一度やってみるといいんじゃないでしょうか。

メリットは半減だがairpodsは普通のbluetooth接続のワイヤレスイヤホンとしても使える

 iphoneやmac、ipadなどのapple製品との連携はできませんが、bluetooth機能を持った機器となら普通に接続することができます。airpodsはapple製品との連携ありきの製品なのでメリットは半減ですけどね。

 

apple製品以外の機器とのペアリングの方法は、普通のbluetoothイヤホンと同じでairpodsのケースのペアリングボタンと接続したい機器のペアリングボタンを同時押しするだけです。

 

ちなみにbluetooth機能が付いていない機器であっても、追加のデバイスを使えば接続して使うことができることがあります。例えばPS4でairpodsを使うとかですね。

hobby-diary.com

ちなみにairpodsには音量調節ボタンが付いていないので、接続する機器によっては不便なことがあるかもしれません。

まとめ:airpodsは値段は高いがそれだけの価値がありiphoneとの連携では唯一無二のアイテムだ!

ここまで長々と書きましたが、airpodsなかなかいいんじゃないでしょうか。新型の噂もありますが良い製品だと思います。

 

ただし音質だけだと2万円近くの価値は無くて、iphoneとの連携機能や完全コードレス、長時間駆動などの要素と合わせてようやくお買い得って感じです。これらの機能が必要ない人は買っても後悔するかもしれません。まあ、別にappleに純粋な性能の高いイヤホンを求めるっていう人はいないでしょうけど。

学生におすすめのクレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカード

大学生ならアルバイトしてなくても作れる学生限定クレジットカード。年会費は初年度無料、翌年度以降も前年度に1回でも使っていれば無料。つまり実質タダ。

持っておくと自動的に26歳でプライムゴールドカードに、30歳でゴールドカードに切り替わる。

普通のクレジットカードだが、持っておくだけで価値があるカード。とてもおすすめ。

JCB EXTAGE

JCBオリジナルシリーズのクレジットカード。機能は普通。年会費は無料。しかしJCBカードを手に入れることで契約できるJCBトッピング保険が強い。

月額240円の携行品保険を契約すれば、再調達価格での補償が貰える。カメラが趣味の人のように機材を壊すと出費が大きい人にオススメ。

トッピング保険には携行品保険だけでなく自転車プランや日常生活賠償プランなど計8つの安くて魅力的なプランが存在する。

三井住友VISAデビュープラスカードよりは申請基準が高いかもしれない。

JCB EITカード

-iphone・mac

Copyright© はるの趣味日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.