PS4

PS4で内蔵SSD換装するくらいなら外付けSSDにした方がいい?やり方とロード時間の差をまとめました

投稿日:

f:id:haru_hobby:20180616235608j:plain

 どうも。先日PS4の内蔵HDDをSSDに換装しました。その結果、HDDだったころよりもかなりロード時間の短縮が見られたりと効果がありました。

PS4のロード時間短縮のためにHDDからSSDに換装したので方法と結果を記事にしました - はるの趣味日記

しかし僕は気が付いたのです。僕のPS4だと内蔵HDDをSSDに換装しても性能を発揮しきることができないんじゃないか?と。

PS4の内蔵HDDをSSDに換装しても性能を発揮できない?

どういうことかを説明しましょう!僕が使っているPS4は初期型PS4と呼ばれるタイプです。この初期型PS4は内蔵HDDもしくは内蔵SSDをSATA2と呼ばれる方法でデータを読みこんでいます。

 

これに対して、僕が換装したSSDはSATA3という規格の方法。データの読み込み速度はSATA3>SATA2です。具体的に言うと、SATA2の読み込み速度は3.0Gbps。これにい大してSATA3は6Gbps。読み込みの制限速度に倍の差があるのです。

 

そして最近のSSDはだいたいがSATA3に対応しています。これは以前の規格だとSSDのデータ転送速度を最大限生かすことができなくなったからではないでしょうか?

 

これは検証してみる必要がありますね!でもどうやって測るか?答えは簡単で外付けSSDに換装してしまえば良いのです。

外付けSSDのデータ読み込み速度は内蔵SSDよりも早い?

はい。早いんです。外付けSSDにしてUSB3.0で接続すれば読み込み速度の最大は5.0Gbpsになります。SATA3(6.0Gbps)とUSB3.0(5.0Gbps)で接続するので、遅い方である5.0Gbpsが制限速度になるってことですね。つまり

  • SATA3.0 > USB3.0 > SATA2.0

の順で制限速度が速くなるということです。仮に初期型PS4のデフォルトであるSATA2.0の時の速度よりもUSB3.0でSSDを接続した速度の方が早くなればそれはSSD自体の速度が速度制限によって頭打ちになっていたということです。これはSSDの性能をPS4側の規格によって引き出すことができていなかったということですね。

 

逆にSATA2.0とUSB3.0で速度に差が出なければそもそもSSDの性能がPS4の速度制限まで到達していなかったということなので内蔵SSDでも全然問題ないということになります。

PS4のゲームを外付けSSDから起動する方法

前回記事にした内蔵SSDへの換装作業よりはよっぽど簡単です。あっちは0からPS4のアップデートファイルをインストールしたり、ゲームデータも最初からインストールしなおしだったりと面倒でしたが、今回はそんな作業いりません。

 

データの入っていないSSDを事前に持っていればちょちょいのちょいです。とはいえ、僕の場合はSSDに換装していろいろなデータが入っていたためSSDの初期化を行わないといけませんでした。

僕の場合の事前準備

一応そこから説明していきましょう。まずはPS4の設定画面から初期化を選択します。

f:id:haru_hobby:20180616235745j:plain

f:id:haru_hobby:20180616235813j:plain

f:id:haru_hobby:20180616235756j:plain

で、初期化の中のPS4を初期化を選択

f:id:haru_hobby:20180616235843j:plain

初期化の方法を選ぶのですが、とりあえず消えればいいのでここはクイックを選択します。

f:id:haru_hobby:20180616235905j:plain

f:id:haru_hobby:20180616235907j:plain

確認画面が入って、それが終わると再起動が始まって初期状態からスタートです。これで内蔵SSDとして使っていたドライブのデータ消去は完了です。

f:id:haru_hobby:20180606194953j:plain

そこからPS4のカバーを開けて

f:id:haru_hobby:20180616235953j:plain

SSDを取り外し&もともとデータの入っていたHDDを付けなおします。データは消していないので、そのまま突っ込むだけでPS4を始めることができました。

 

これでようやく内蔵ドライブがHDDの状態とデータの入っていないSSDが手元にある状態ですね。PS4の外付けSSD化を試してみたい人はここから参考にしてください。

外付けSSDを認識してフォーマットする

まずは外付けSSDをUSB接続でPS4に接続しましょう。裸のままのSSDだけではなくて、USB接続ができる仕様のケースが必要です。僕はこれを使いました。

f:id:haru_hobby:20180617000031j:plain

f:id:haru_hobby:20180617000032j:plain

で、接続したら設定から周辺機器を開きます。さらにUSBストレージ機器を開きます。

f:id:haru_hobby:20180617000043j:plain

すると接続されているSSDが表示されているので選択してください。そこから進むと拡張ストレージとしてフォーマットするというページが出てくるので案内に従ってフォーマットします。

f:id:haru_hobby:20180617000054j:plain

ただし、拡張ストレージとしてフォーマットするためには条件がありまして

  • USB3.0以上に対応していること
  • 容量が250GB以上あって、かつ8TB以下であること
  • PS4に直接接続されているということ

です。なのでもし外付けSSDにすることを目当てにSSDを購入するなら容量は500GB以上のものを買ってください。

 

1段低い容量の240GBのモデルとかを買うと使うことができません。ここは要注意です。

 

というわけで条件を満たしているなら確認画面でOKを押してぱっぱとフォーマットしましょう。もしも何かデータの入っているSSDを使うなら、フォーマット時に全て消されてしまうので注意してくださいね。

内蔵HDDからゲームデータを外付けSSDに移動させる

拡張ストレージとしてフォーマットできたら次はゲームデータを移動させましょう。設定からストレージを開きます。

f:id:haru_hobby:20180617000149j:plain

f:id:haru_hobby:20180617000202j:plain

ストレージから本体ストレージを選択すると中のデータの内訳を見ることができます。この中のアプリケーションを選択して〇を押してください。

f:id:haru_hobby:20180617000233j:plain

するとさらにどんなアプリケーションが入っているかを確認できます。ゲームもアプリケーションの一種なのでここい保存されているわけですね。で、この画面でコントローラのoptionボタンを押します。

f:id:haru_hobby:20180617000244j:plain

すると右から選択肢が出てくるので、拡張ストレージへ移動するを選択します。

f:id:haru_hobby:20180617000257j:plain

ここで移したいアプリケーションを選択して、右下側にある移動を押せば完了です。時間はモンハンワールド、ニーアオートマタ、BloodBorneの3つで16分くらいでした。全部ダウンロードしていた時は10時間近くかかっていたのでとっても短いですね。

f:id:haru_hobby:20180617000306j:plain

移動が終わると移動元のストレージ(本体ストレージ)からはデータが消滅します。ストレージの容量を見てもこの通りですね。これで外付けSSDからゲームを起動する準備は整いました。あとはゲームをスタートすれば自動で外付けSSDから起動してくれます。

内蔵SSD VS 外付けSSDのロード時間の差は?

ここまで来てようやくロード時間の差を調べることができます。いやぁ、作業自体は簡単だったんですが文章にするとかなりめんどくさいですね。この時点で2600文字くらい書いてます。

内蔵SSDのゲームロード時間

モンハンワールド

  • タイトル画面まで→46.23
  • セーブ選択(個人で集会所を作る選択から)からプレイ可能画面まで(拠点まで)→30.56
  • クエスト読み込み時間(クエスト受注から準備中まで、クエスト古を食らうもの)→23.20
  • クエスト出発からプレイ可能画面まで→10.38
  • クエストから帰還して拠点で移動可能まで→34.23
  • クエスト読み込み時間(クエスト受注から準備中まで、クエストクルルヤックは収集家?)→21.45
  • クエスト出発からプレイ可能画面まで→15.01
  • クエストから帰還して拠点で移動可能まで→30.63

ニーアオートマタ

  • タイトル画面まで→(ムービーは飛ばした)→33.40
  • チャプターセレクト(遊園地ボス)からゲームスタートまで→17.86
  • チャプターセレクト(ラスボス、A2と9Sの選択画面)からゲームスタートまで→13.81

ブラッドボーン

  • タイトル画面まで→27.89
  • セーブデータ選択(コンティニュー)からゲーム画面スタートまで→10.76
  • セーブデータ選択(ロード)→10.73

外付けSSDのゲームロード時間

モンハンワールド

  • タイトル画面まで→43.65
  • セーブ選択(個人で集会所を作る選択から)からプレイ可能画面まで(拠点まで)→24.30
  • クエスト読み込み時間(クエスト受注から準備中まで、クエスト古を食らうもの)→18.05
  • クエスト出発からプレイ可能画面まで→10.20
  • クエストから帰還して拠点で移動可能まで→31.03
  • クエスト読み込み時間(クエスト受注から準備中まで、クエストクルルヤックは収集家?)→17.48
  • クエスト出発からプレイ可能画面まで→14.53
  • クエストから帰還して拠点で移動可能まで→27.30

ニーアオートマタ

  • タイトル画面まで→(ムービーは飛ばした)→32.77
  • チャプターセレクト(遊園地ボス)からゲームスタートまで→15.55
  • チャプターセレクト(ラスボス、A2と9Sの選択画面)からゲームスタートまで→13.70

ブラッドボーン

  • タイトル画面まで→27.20
  • セーブデータ選択(コンティニュー)からゲーム画面スタートまで→13.43
  • セーブデータ選択(ロード)→14.55

結果

正直あまり変わりませんでした。個人的には1.2か1.3倍くらいまで上がるんじゃないかと思っていましたが思った以上に変わらなかったです。

 

わずかな時間分だけ外付けSSDの方が早くなっている部分も多いですが、内蔵SSDの方が早い部分もあります。これが誤差なのか、それともSATA2.0の制限速度よりもわずかにSSDの読み込み速度の方が早かったという結果を表すものなのかはわかりません。もう少し読み込みの早いSSDを使えば結果が分かるので、今後に期待ですね。

参考までに:内蔵HDDのゲームロード時間

基本的には外付け、内蔵問わずSSDにロード時間で負けます。

  • 外付けSSD≒内蔵SSD>内蔵HDD

って感じですね。

モンハンワールド

  • タイトル画面まで→61.94
  • セーブ選択(個人で集会所を作る選択から)からプレイ可能画面まで(拠点まで)→62.43
  • クエスト読み込み時間(クエスト受注から準備中まで、クエスト古を食らうもの)→42.69
  • クエスト出発からプレイ可能画面まで→15.98
  • クエストから帰還して拠点で移動可能まで→59.08
  • クエスト読み込み時間(クエスト受注から準備中まで、クエストクルルヤックは収集家?)→37.45
  • クエスト出発からプレイ可能画面まで→59.22
  • クエストから帰還して拠点で移動可能まで→22.53

ニーアオートマタ

  • タイトル画面まで→(ムービーは飛ばした)→38.72
  • チャプターセレクト(遊園地ボス)からゲームスタートまで→19.60
  • チャプターセレクト(ラスボス、A2と9Sの選択画面)からゲームスタートまで→15.23

ブラッドボーン

  • タイトル画面まで→34.18
  • セーブデータ選択(コンティニュー)からゲーム画面スタートまで→21.03
  • セーブデータ選択(ロード)→15.96

学生におすすめのクレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカード

大学生ならアルバイトしてなくても作れる学生限定クレジットカード。年会費は初年度無料、翌年度以降も前年度に1回でも使っていれば無料。つまり実質タダ。

持っておくと自動的に26歳でプライムゴールドカードに、30歳でゴールドカードに切り替わる。

普通のクレジットカードだが、持っておくだけで価値があるカード。とてもおすすめ。

JCB EXTAGE

JCBオリジナルシリーズのクレジットカード。機能は普通。年会費は無料。しかしJCBカードを手に入れることで契約できるJCBトッピング保険が強い。

月額240円の携行品保険を契約すれば、再調達価格での補償が貰える。カメラが趣味の人のように機材を壊すと出費が大きい人にオススメ。

トッピング保険には携行品保険だけでなく自転車プランや日常生活賠償プランなど計8つの安くて魅力的なプランが存在する。

三井住友VISAデビュープラスカードよりは申請基準が高いかもしれない。

JCB EITカード

-PS4

Copyright© はるの趣味日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.