写真

2000円で買える激安の自由雲台!Ymikoの自由雲台を買ったのでレビューしてみる

投稿日:

f:id:haru_hobby:20180224205857j:plain

 どうも。最近写真撮りに行ったブログを書けていないはるです。なんで書けないかって?時間が無いからだよ!!

 

時間が全くないってわけじゃないけど、遊びに行くと大丈夫かな?って不安になる時ありますよね。そういう時に僕は家で過ごすと決めているんです。

 

時間が無いっていうか安心して遊べる時間が無い。こっちが正解ですね。でも時間は無くてもamazonでの買い物なら大丈夫。ボタンをカチカチするだけだから。というわけで買っちゃいました、新しい雲台。Ymikoという恐らく中華製の激安自由雲台です。

Ymiko製の激安自由雲台

hobby-diary.com

以前2500円の中華雲台を購入したという記事を書きました。今回はメーカーこそ違うものの趣旨はだいたい同じです。

 

買った雲台の種類は自由雲台、メーカーはYmikoです。2000円程度の激安雲台ですが、amazonのページを見ると笑ってしまうことに耐荷重10kg。

 

なんということでしょう。公称値が正しいならフルサイズプロ機に600mm単焦点だって載せることができてしまいます。まぁ、そんなわけは無いんですけどね。この辺りは記事の後半で僕の持っている150-600mmズーム(約2kg)を載せた話を書くのでそこで書くことにします。

激安自由雲台の外観

f:id:haru_hobby:20180224203534j:plain

f:id:haru_hobby:20180224203537j:plain

f:id:haru_hobby:20180224203540j:plain

特に言うことはありません。普通の自由雲台です。しいて言うなら2000円で買えるモノにしては大型ですね。ベルボンなどの有名メーカーだとこのサイズならもっと高くなるでしょう。

 

一通り動かしてみたものの中華製だからと言って動きが変だったり、動かないなんてことはありませんでした。機能も通常の雲台操作に加えて水準器機能も付いていますし、クイックシューもノブを回して締めることができます。

 

そしてなんとこの自由雲台、クイックシューがアルカスイス互換です。あれ?もしかしてこの雲台めちゃくちゃお買い得なんじゃないか?

Ymiko製自由雲台はアルカスイス互換のクイックシュー付き

ありがたいことにこの雲台に付属しているクイックシューはアルカスイス互換です。他の雲台を使用している方ももしその雲台がアルカスイス互換のクイックシュー対応雲台だった場合、クイックシューを交換せずにそのまま使うことができます。

 

地味に思えるかもしれませんが、雲台ごとのクイックシューをちゃんと持ってきているかとか考えだすとけっこうめんどくさいんですよね。地味ーにですがありがたい機能です。

 

さて、それでも中華製雲台だと本当にアルカスイス互換なのか、もしかして寸法がずれてて使えないんじゃないのかなんて不安もあるかもしれません。

 

なので別のアルカスイス互換の雲台にYmiko自由雲台に付属したクイックシューをはめ込んでみました。これが結果です。

f:id:haru_hobby:20180224204537j:plain

はい。普通にはまっていますね。触ってもしっかりはまっていたのでアルカスイス互換のクイックシューとして問題なく使うことができると思います。

この製品とか普通にクイックシューだけでYmiko自由雲台よりも高いです。一体何が違うのかわかりませんが、アルカスイス互換のクイックシューだけでなく自由雲台本体まで付いてくると思えばYmiko自由雲台のコスパってめちゃくちゃ高いんじゃないかと思えてきますよね。

Ymiko製自由雲台の操作について

f:id:haru_hobby:20180224205019j:plain

画像はamazonからの引用です。まぁ、普通の自由雲台ですよね。画像中にはいろいろ書かれていますが、実際に使うのはタイトボール粗調整ツマミとボール微調整ツマミだけです。これだけで雲台の操作と固定はできてしまいますので。

実際にYmiko製自由雲台にカメラを載せてみた

今回載せるカメラはcanonのeos 7dにキットレンズのef-s 18-55 stm、後半ではレンズを交換してtamronの150-600ズームを載せます。

 

7d+18-55の場合、重さはちょうど1kgくらいですかね。まぁ、一般的な一眼レフカメラの重さと思っていいでしょう。載せた画像がこちらです。

f:id:haru_hobby:20180224205409j:plain

うーん。普通ですね。重さで下がったりすることもなく、問題なく使えています。この組み合わせで全然問題ないなら望遠レンズでも使わない限りこの自由雲台で問題ないかもしれませんね。

f:id:haru_hobby:20180224205413j:plain

縦構図にしてみました。これでも全く問題ありません。バランスが悪いと横に倒れたりすることもあるみたいですが、そういうこともありませんでした。三脚ががっしりしているおかげというのもあるのかもしれません。

Ymiko製自由雲台に600mmレンズを載せる

では後半。tamron製150-600ズームを装着した7dを雲台に載せてみましょう。

f:id:haru_hobby:20180224205721j:plain

水平なら全く問題なし

f:id:haru_hobby:20180224205759j:plain

最大まで伸ばしてみました。こう見るとやっぱりバランス悪いですね。水平は大丈夫だとわかったので次は斜めで固定してみます。

f:id:haru_hobby:20180224205857j:plain

止まる。普通に止まりましたね。2000円の雲台のくせに600mmレンズを止めるなんてなかなかいいコスパしてるんじゃないですか?とはいえこれは固定ノブをかなりしっかり止めています。緩いとさすがに角度は変わってしまうので期待しすぎは禁物です。

f:id:haru_hobby:20180224210237j:plain

縦構図。問題ありません。

f:id:haru_hobby:20180224210251j:plain

真上を向けてみました。砲台みたいですね。ここから花火でも打ち上げるんでしょうか?

 

耐荷重10kgはさすがに無理だとは思いますが、2kgくらいならそこそこ快適に使えそうですね。正直10kgって上に載せるだけでもけっこうきついのでは?と思ってしまいます。

 

でも2000円でここまで使える雲台ってなかなか無いと思うのでやっぱりコスパの面から見るとスゴい製品だと思いますよ。

Ymiko製自由雲台はネジ穴が大きい

安くて性能にも問題なさげなYmiko製自由雲台ですが、おそらく多くの三脚ではこの雲台単品で使うことはできません。

 

三脚の頭のネジと雲台の装着用ネジのサイズが違うのです。三脚側は1/4サイズのネジであるのに対して、この雲台は3/8サイズのネジなのです。なのでこの雲台を買う時はネジのサイズを変更するアダプターを買いましょう。僕は以下のものを買いました。

まとめ

値段が安いわりに性能がしっかりした雲台であることが分かってもらえたと思います。多分普通の一眼レフでの写真撮影ならこれで十分足りるかと。自由雲台は操作も直感的なので初心者にもお勧めだと思いますし、自由雲台の導入を考えている人はこの製品どうですか?

学生におすすめのクレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカード

大学生ならアルバイトしてなくても作れる学生限定クレジットカード。年会費は初年度無料、翌年度以降も前年度に1回でも使っていれば無料。つまり実質タダ。

持っておくと自動的に26歳でプライムゴールドカードに、30歳でゴールドカードに切り替わる。

普通のクレジットカードだが、持っておくだけで価値があるカード。とてもおすすめ。

JCB EXTAGE

JCBオリジナルシリーズのクレジットカード。機能は普通。年会費は無料。しかしJCBカードを手に入れることで契約できるJCBトッピング保険が強い。

月額240円の携行品保険を契約すれば、再調達価格での補償が貰える。カメラが趣味の人のように機材を壊すと出費が大きい人にオススメ。

トッピング保険には携行品保険だけでなく自転車プランや日常生活賠償プランなど計8つの安くて魅力的なプランが存在する。

三井住友VISAデビュープラスカードよりは申請基準が高いかもしれない。

JCB EITカード

-写真

Copyright© はるの趣味日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.