写真

amazonで売ってるカメラの安い互換バッテリーってどうなの?使ってる僕が解説していきます

投稿日:

f:id:haru_hobby:20171104025200j:plain

 一眼レフカメラ、もしくはミラーレス一眼の互換バッテリーってあるじゃないですか?amazonとかでよく売られてる中華製の安い非純正のバッテリーの話です。

 

互換バッテリーっていうと、不具合とか安かろう悪かろうをイメージする人が多い気がするんですけど、実際のところ互換バッテリーってどうなのか?

 

安い互換バッテリーをカメラに使っている僕が解説していきたいと思います。

canon Eos 7Dに2年近く互換バッテリーを使っている僕の話

大学2年の終わりに野鳥撮影を目的にヤフオクでcanonの7dを購入した僕ですが、実際付属していた純正バッテリー一つで丸1日の野鳥撮影をこなせるわけがないと思ってバッテリーの購入を考えました。

 

新品のバッテリーだけでもどうかと思うのに、中古品の付属のバッテリーですからね。どれくらい消耗しているかもわからないってレベルですし。

 

と言っても純正のバッテリーは高いので、amazonで売ってる怪しげな互換バッテリーを考えることに。

amazonで7dの互換バッテリーを購入

とりあえずそれを買って野鳥撮影に挑みました。試しに野鳥撮影に持ち出してみたんですけど、1日使っても全然バッテリーは持ちます。

 

ここは意外でしたね。バッテリーの容量が純正に比べて少ないとか、残量の減りが速いとかいろいろ言われていて覚悟して購入したので。

追加の互換バッテリーを買い増し

GWにトカラ列島という島民の人とバードウォッチング客と釣り客以外ほとんど訪れないような秘境に野鳥撮影に行くことになったので、追加で2つバッテリーを買い増しました。

 

カメラについてきた純正のバッテリーを含めてこれでバッテリーは4個です。互換バッテリーも純正のバッテリーチャージャーで充電できるので問題ありません。

 

結論として朝4時起き、夜7時までの野鳥撮影はバッテリー4個で十分に回りました。特にバッテリーに不具合が起こることも無かったですし、何より純正バッテリーを1つ買うよりも互換バッテリーを3つ買う方が安かったのでお買い得でした。

 

さすがにこれ以上ハードな撮影旅行はほとんどないのでこれ以上は買いましてはいません。個人的には自己責任ではありますが、純正バッテリー1つに高いお金を払うなら互換バッテリー3つの方が高いパフォーマンスを発揮してくれると思っています。

amazonで買える一眼レフカメラの互換バッテリーのメリット

f:id:haru_hobby:20171104025128j:plain

価格が安い

canon eos 7Dの場合、純正のバッテリーを新品で買うと1個で約7500円、それに対して互換バッテリーはというと1個で1500円ほど、2個セットの販売だと2500円くらいで売られています。

 

2個セットで買うと、純正バッテリーを1個買うお金で互換バッテリーが6個も買える計算になりますね。

 

いくら互換バッテリーの性能が純正に劣ると言っても、6個と1個なら互換バッテリーの方がコスパは優れていると思います。

 

っていうか普通は6個も互換バッテリーを買うくらいなら、2,3個で押さえて他のアクセサリーを買いますけどね...。

互換バッテリーは無くしても損失が少ない

互換バッテリーは安いし、純正バッテリーを買うお金で複数買うことができます。もし純正バッテリーを失くすと損が大きいですが、互換バッテリーなら無くしても損が少ないので落ち込まないで済みますよね。

 

そもそも複数のバッテリーを準備していけば、撮影の時に1つくらい無くしても撮影が続行できますし。

 

もし純正バッテリー1つだけなら無くすと撮影ができなくなってしまいます。やはり数を用意できるのは正義ですよね。

amazonで買える一眼レフカメラの互換バッテリーのデメリット

f:id:haru_hobby:20171104025138j:plain

純正よりもバッテリーの減りは速い...かも

よく言われるのはだいたい互換バッテリーは純正の70%くらいしか持たない、ということ。

 

まあ、仕方ないですよね。これだけの値段差があって、その上で性能に差が無いわけがありません。むしろ70%もあれば御の字ではないかと思います。

不具合が起きても自己責任ではある

 互換性バッテリーはあくまで使えるだけであって、カメラメーカーの保障をうけているわけではありません。

 

つまり突然動かなくなっても文句は言えませんし、最悪互換バッテリーのせいでカメラが壊れても文句は言えないわけです。

 

そこを割り切らなければいけないのが、互換バッテリーの痛いところですね。さすがに互換バッテリーを使ったくらいでカメラが壊れた話なんて僕のまわりでは聞いたことありませんけども。

まとめ

f:id:haru_hobby:20171104025108j:plain

実は僕、ヤフオクで購入したときについてきた純正のバッテリーをどこかに失くしてしまったので、現在互換バッテリーで撮影に行ってます。

 

特にカメラが壊れたりってこともありませんし、互換バッテリーも3つありますから撮影も普通に大丈夫です。互換バッテリーだけでの運用に特に不満はありません。

 

とはいえこれは僕が割とがさつだから大丈夫なだけなので、神経質な人は素直に純正を買いましょう。そういう人はきっと心配は少ない方がいいでしょうし。

 

逆に僕のようにそこまでこだわらないって人は互換バッテリーで全然いいと思います。むしろ無くす心配をしなくていいので気が楽なくらいになれますし。

 

というわけで結論は、純正バッテリーを1つ買うくらいなら互換バッテリー3つを買う方がおすすめ!って話でした。

 

...もちろんハズレの互換バッテリーを引く可能性もあるので、レビューをよく見て評価が良さげなものを買いましょうね。

学生におすすめのクレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカード

大学生ならアルバイトしてなくても作れる学生限定クレジットカード。年会費は初年度無料、翌年度以降も前年度に1回でも使っていれば無料。つまり実質タダ。

持っておくと自動的に26歳でプライムゴールドカードに、30歳でゴールドカードに切り替わる。

普通のクレジットカードだが、持っておくだけで価値があるカード。とてもおすすめ。

JCB EXTAGE

JCBオリジナルシリーズのクレジットカード。機能は普通。年会費は無料。しかしJCBカードを手に入れることで契約できるJCBトッピング保険が強い。

月額240円の携行品保険を契約すれば、再調達価格での補償が貰える。カメラが趣味の人のように機材を壊すと出費が大きい人にオススメ。

トッピング保険には携行品保険だけでなく自転車プランや日常生活賠償プランなど計8つの安くて魅力的なプランが存在する。

三井住友VISAデビュープラスカードよりは申請基準が高いかもしれない。

JCB EITカード

-写真

Copyright© はるの趣味日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.