写真

canonの一眼レフを使っていて思った4つのメリットと2つのデメリット

投稿日:

f:id:haru_hobby:20170801220547j:plain

 写真を長くやってる人ならこれから写真始めたいって人からどのメーカーのカメラを買えばいいか聞かれたことがあることも多いと思います。

 

その時に自分の使っているメーカーをお勧めするかしないかは人それぞれですが、僕は自分の使っているメーカーをお勧めしています。

 

pentaxのカメラを使っていた時はそうでもなかったんですが、やっぱりcanonを使っているといいなーと思えるところがいくつもあります。

 

これ以外でお勧めするなら今のところnikonぐらいしかお勧めできません。そのうちsonyのカメラもおすすめって言えるようにはなりそうですがまだもう少し先かな。

 

とにかく今回はなんで僕がcanonのカメラをお勧めできるのかを紹介していきます。

canonの一眼レフを使う4つのメリット

f:id:haru_hobby:20170801220610j:plain

豊富なレンズ

一眼レフといえばレンズです。やはり一眼レフはレンズありきのシステムですからね。画質もAFの性能もカメラボディだけでは実現できません。

 

そしてcanonは国内の一眼レフメーカーの中でもトップクラスのレンズの多さです。さすがに古いレンズまで動くnikonに比べると使えるレンズは少ないですが望遠から広角、魚眼などの特殊用途まで幅広いラインナップを持っています。

 

レンズを買い足すお金が無いと無縁の世界ですが、逆にだいたいのスペックのレンズは販売されているんですからお金さえあればなんでもできるんです。

 

それって夢があることだと思いませんか?

純正プリンターや用紙など写真関連はメーカー統一ができる

canonは一眼レフカメラだけを販売しているメーカーではありません。プリンターも販売していますし純正の写真用紙だって販売しています。

 

つまり他のメーカーは一眼レフが合っても印刷は別メーカーの製品を使って調整しないといけませんがcanonだけはもとから自社のカメラ用に最適なプリンターや用紙を販売しているわけです。

 

ネットにアップするだけなら不必要かもしれませんがもし写真展を開いたり印刷することを前提にしているならこれほど頼りになるシステムはありません。

なんにでも対応できるカメラボディのラインナップ

canonのカメラはコンデジやミラーレス、一眼レフ、aps-cカメラ、フルサイズカメラなどとにかくラインナップが豊富です。

 

そしてその中でも動体特化型のカメラや小型軽量を売りにしたカメラ、高いですがなんにでも対応できるプロ機などがラインナップされていて自分の目的にあったカメラを探すことができます。

ユーザー数が多く企業として安泰

カメラには関係ないと思われるかもしれません。でも実はこれって大事なことでユーザー数が多いとサードパーティが力を入れて製品を作ってくれるんです。

 

メーカーが作らないようなニッチな製品やちょっとした便利アイテムまでだいたいの部分はサードパーティがカバーしてくれるってことは純正品と合わせれば足りないものなんてほとんどなくなります。

 

でも人気がなくなればサードパーティは手を引いてしまうんですよね。理由は単純。作っても売れないから。

 

pentaxだって昔はsigmaもタムロンもレンズを作っていたのに最近は売れないからマウントを作らなくなりました。こうなると実質レンズの種類が半減しているのと同じようなことです。

 

製品が売れているメーカーを選ぶ意味はこういうところにも表れてくるので注意しましょう。

canonの一眼レフを使う2つのデメリット

f:id:haru_hobby:20170801220646j:plain

全体的にちょっと高い

製品が売れているのなかなか強気な値段付けをしてきます。一部を除いて明らかに別メーカーに対してスペック対値段のコスパは悪いです。

 

しかも人気だから中古市場もなかなか下がらない。ちょっと高いですが値段に関しては諦めてください。

 

もしエントリー~ミドルクラスのカメラのコスパを求めるならnikonに行った方がいいかも。

カメラ性能の下剋上は無い

またnikonとの比較、っていうかcanon以外におすすめできるメーカーはnikonくらいと言っているのでその他メーカーの話をする気は無いんですが、nikonは発売時期によってカメラ性能の下剋上があります。そして上位機種のスペックを下位機種にもちゃんとフィードバックしてくれる。

 

ですがcanonにはあまりそういうところを期待しない方がいいと思います。販売戦略がうまいのできっちりとカメラの性能に差を付けています。この機能が欲しいなら上位機種に行くしかないと思わせるような感じで。

 

こういう面でもスペックと値段のコスパの点ではnikonの方に軍配が上がるでしょう。

最後に

結論から言うとcanonのシステムはお金さえ合えば最強です。写真関係を網羅ていますしそもそもコスパなんてお金があれば関係ありませんし。

 

まあ、別にお金に余裕が無くてもおすすめだと僕は思いますけどね。結局ラインナップが豊富なおかげで予算が無くてもそれなりにいいカメラを買えますし、新品にこだわらないなら中古で型落ち品もたくさん売っています。

 

自動車で例えるならトヨタみたいな感じですかね。万能だけどちょっと値段が高いっていうところがそっくりだと思います。

 

なので無難なカメラを嫌う人はcanonのカメラを嫌がるでしょうね。僕はpentaxから乗り換えてきたので満足ですがもし最初からcanonを使っていたら不満を言っていたかもしれません。

 

多分canonの良さは手放してからわかるタイプだと思うので。

学生におすすめのクレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカード

大学生ならアルバイトしてなくても作れる学生限定クレジットカード。年会費は初年度無料、翌年度以降も前年度に1回でも使っていれば無料。つまり実質タダ。

持っておくと自動的に26歳でプライムゴールドカードに、30歳でゴールドカードに切り替わる。

普通のクレジットカードだが、持っておくだけで価値があるカード。とてもおすすめ。

JCB EXTAGE

JCBオリジナルシリーズのクレジットカード。機能は普通。年会費は無料。しかしJCBカードを手に入れることで契約できるJCBトッピング保険が強い。

月額240円の携行品保険を契約すれば、再調達価格での補償が貰える。カメラが趣味の人のように機材を壊すと出費が大きい人にオススメ。

トッピング保険には携行品保険だけでなく自転車プランや日常生活賠償プランなど計8つの安くて魅力的なプランが存在する。

三井住友VISAデビュープラスカードよりは申請基準が高いかもしれない。

JCB EITカード

-写真

Copyright© はるの趣味日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.