iphone・mac ガジェット

macbook proにおすすめの外付けディスプレイを紹介していく

投稿日:

f:id:haru_hobby:20170802004836j:plain

 LG モニターディスプレイ 29UM59-P

LG製のワイドディスプレイです。IPSパネル、ブルーライト低減モード・フリッカー低減やsRGBカバー率99%以上など、普通の作業に使いやすいだけでなく写真編集にも十分使える性能を持っています。資料作りではモニター内にウィンドウを4つ置けるのは魅力的です。

f:id:haru_hobby:20171215050349j:plain

ワイドディスプレイが不要でサイズももっと小さくていいのであれば、同じような性能でももっと安い製品はあるはずです。

しかしワイドディスプレイの臨場感やウィンドウを置くスペースが増えるのはありがたいです。もう一つディスプレイを増やせばいいんですけどね。この値段だとコスパの良い21.5インチのモニターなら2つ分買えますから。

ASUS 23インチフレームレスモニター 

f:id:haru_hobby:20171215050454j:plain

ASUSの薄型23インチモニターです。薄さ7mmなので奥行きが無いスペースにも置くことができますし、基本性能もしっかりしています。何よりコスパが素晴らしい。

 

素性がしっかりしていて23インチのモニターで15000円切るものはなかなかありません。しかも購入から3年間の国内保障も付いています。

 

薄型デザインはmacbookproのスタイリッシュなデザインとマッチするんじゃないでしょうか。ちなみにこのモニターもIPSパネルにブルーライト低減モード、フリッカー低減モードが付いています。しかしsRGBカバー率については書かれていませんでしたので、色にこだわった写真編集は微妙かもしれません。

 iiyama  XB2481HSU-B1

f:id:haru_hobby:20171215050418j:plain

iiyama製23.8インチモニターです。このディスプレイの魅力は多彩な調節機能です。この機能がいらないなら他にももっとコスパが良くてかっこいいディスプレイがありますね。

 

では調節機能について説明しましょう。まず一つ目、ディスプレイの上下方向の調節ができます。最大で130mm。机に座って作業するなら130mmも動けば十分な調整範囲です。

 

二つ目、角度調整。...普通ですか?付いているディスプレイも多い?そうですね。縦方向の角度調整はほとんどのディスプレイについています。もちろんこのディスプレイにも付いていますが、こちらには横方向の角度調整も付いています。縦方向は27°、横方向は片側45°で合計90°まで調整可能ですね。

 

三つ目、これが一番素敵な機能なのですがなんと縦方向の回転ができます。ピポット機能というのですがモニターアーム無しで画面が回転するんですよ。縦回転が必要なことが決まっているなら、モニターアーム+普通のディスプレイを買うよりも安く済むかも。

BENQ カラーマネジメントディスプレイ

f:id:haru_hobby:20171215050541j:plain

 他のディスプレイが高くても2万円程度なのに、突然7万円近いディスプレイをおすすめするなんて...。そう思うかもしれません。しかしこのディスプレイ、この値段でもコスパは高いのです。

 

真剣に写真編集をして、かつプリントまで行う時にはディスプレイの色と実際のプリント後の色の調整が重要になります。その調整をカラーマネジメントというのですが、カラーマネジメントができるディスプレイは安くても10万円はしてしまいます。

 

しかし、このディスプレイは7万を切る値段。ね?安いでしょう。それに遮光フードもちゃんと付いていますし。

 

ちなみにモニターとしての性能も申し分ありません。むしろ写真編集向けディスプレイを謳っているのにディスプレイ性能に問題があっては困りますからね。ついでに先ほどのiiyamaモニター同様にピポット機能や高さ調節機能も付いています。

番外編:ASUS モバイルディスプレイ

今まで紹介したのは全て据え置きの外付けディスプレイでしたが、この製品はモバイルディスプレイです。持ち運んで出先でも使えます。...15.6インチなんでかなり大きいですけどね。

 

重量は800gなのでだいたいsurfaceやi pad proのようなタブレットと同じような重さです。これを重いと見るか軽いと見るかはその人次第ですが、個人的にはもう少し軽い方が良いですね。

 

ノートパソコンとモバイルディスプレイの両方を持ち歩くとかなり重そうですし。出先で複数人で画面を共有したい時など、使い道はかなり思い浮かぶんですけどね。ちなみにIPSパネルバージョンのモデルもあります。値段は高いですが、キレイな画面を求めるならこっちもアリかも。

学生におすすめのクレジットカード

三井住友VISAデビュープラスカード

大学生ならアルバイトしてなくても作れる学生限定クレジットカード。年会費は初年度無料、翌年度以降も前年度に1回でも使っていれば無料。つまり実質タダ。

持っておくと自動的に26歳でプライムゴールドカードに、30歳でゴールドカードに切り替わる。

普通のクレジットカードだが、持っておくだけで価値があるカード。とてもおすすめ。

JCB EXTAGE

JCBオリジナルシリーズのクレジットカード。機能は普通。年会費は無料。しかしJCBカードを手に入れることで契約できるJCBトッピング保険が強い。

月額240円の携行品保険を契約すれば、再調達価格での補償が貰える。カメラが趣味の人のように機材を壊すと出費が大きい人にオススメ。

トッピング保険には携行品保険だけでなく自転車プランや日常生活賠償プランなど計8つの安くて魅力的なプランが存在する。

三井住友VISAデビュープラスカードよりは申請基準が高いかもしれない。

JCB EITカード

-iphone・mac, ガジェット

Copyright© はるの趣味日記 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.