旅行

大阪-志布志間を航行する新型サンフラワーに乗ってきたけどめちゃくちゃ豪華になってた

投稿日:

先日大阪-志布志間を航行するフェリーさんふらわあに乗ってきました。鹿児島から大阪ならピーチがあるのになんでわざわざフェリーに乗ったかについてなんですが

  • フェリーに一泊すれば宿代が浮くこと
  • さんふらわあが新造船になったこと

の2つが主な理由です。

そう!実は志布志-大阪航路のフェリーさんふらわあは僕が石川に引きこもっていた2018年に新造船にモデルチェンジしていたんです。

ちょうど鹿児島に用事もありましたし、これは新型さんふらわあに乗れという神の思し召しでしょう。そういうわけで乗ってきました。

新型さんふらわあの客室グレード

さんふらわあの客室のグレードは

  • スイート
  • スイートバリアフリー
  • デラックス
  • デラックス和室
  • デラックスウィズペット
  • スーペリア
  • スタンダード
  • プライベートベッド
  • プライベートベッドシングル
  • プラーベートベッドグループ
  • ツーリスト

種類がたくさんありますが残念ながら僕が泊まったのはツーリスト。学生だから一番安い部屋で我慢です。ですがツーリストでもこれまでのひどい雑魚寝よりよっぽど良い仕様になっている様子。

 

ちなみにツーリストは割引が効いて8900円。一番高いスイートなら快適な旅になること間違いなしですが、結構良さげなホテルくらいのお値段がします。学生の移動手段から優雅な船旅までこなせる新型さんふらわあは万能ですね。

鹿児島-志布志間は無料のシャトルバスが利用可能

さんふらわあが出航する志布志港は鹿児島県の東側、太平洋の方にあります。つまり鹿児島市とは全く反対の位置です。

 

フェリーに乗りたくてもどうやって志布志まで行ったらいいんだ!という方、ご安心ください。鹿児島市から志布志まではさんふらわあライナーと呼ばれるバスが出ています。中央駅から乗ればノンストップで2時間ちょっとくらいで志布志まで着くことができます。

 

しかもさんふらわあを利用する人は申請すれば無料で乗ることができ、ちょうど乗船できるくらいの時間にフェリーターミナルに着くことができます。

フェリーさんふらわあきりしまに乗船

外からみた感じさんふらわの外見は昔乗った時と変わっていません。サイズも多分同じくらいです。とりあえずフェリーターミナルの中へ。

フェリーターミナルで発券する

ここでまず第一の驚きが!さんふらわあの発券が機械化されていました。昔はインターネットで予約していても窓口で受け取らないと行けなかったはずなのに。ターミナルからすでに変わっているとフェリーはどれだけ変わっているのかという期待感が上がってしまいます。

ちなみに発券のやり方はとても簡単で、画面の指示に従ってQRコードか予約番号を入力するだけです。

記入が終わると明細表と船内で使われるカードキーが発行されます。本当はもう一枚オレンジの紙で自分の席がどこなのかが書かれた紙も出てくるそうですが、僕は取り損ねました。

 

船員さんにその旨を話すと対応してくれましたが、けっこう困らせてしまったので忘れないようにしましょう。

新型さんふらわあの内部を散策

内装がとても綺麗になってるではありませんか!!

さすが新造船。20年以上ぶりの新型は伊達ではありません。では外はどうなっているのかと言うと...

こんな感じです。外は割と普通ですね。でもベンチが複数用意されていたりと親切な設計になっています。外に出てもいい時間帯であれば、ベンチに座って海風を感じるのもオシャレなんじゃないでしょうか。

他にも喫煙ルームや自販機、コインロッカー、タッチパネルの案内板、キッズルームなど色々設備がありました。もちろんお風呂に入ることもできます。もはやフェリーの旅は不便というイメージは無かったですね。

最安価格のツーリスト部屋は?

内装が綺麗でも所詮はツーリスト部屋。はい、わかります。もちろんスイートやデラックスと比べるとしょぼい部屋でした。ですが僕が今まで乗ってきたフェリーの雑魚寝のツーリスト部屋の中では一番いいものだったと断言できます。では紹介していきましょう。

はい。ツーリストの雑魚寝席の癖に生意気にもオートロックの部屋になっています。ここは乗船の際に発行されたカードキーで出入りできます。では次に室内の画像を。

ツーリストの部屋にしては設備が揃いすぎているとは思いませんか?僕は思いました。なぜなら今まで僕が乗った船の雑魚寝席はチクチクする毛布とキャラメルを大きくしたような硬い枕しか置かれていなかったから。

 

でもこの船を見てください!まともな枕があり、マットにうわ布団まで用意されています。しかも個人用にコンセントやハンガーまで。

さらに横のカーテンを開くと横の人との仕切りが作られます。これで横の人の寝相に悩まされない!一番安い部屋なのにこの至れり尽くせり具合すごくないですか!?一番安い部屋なのに!

Wifiはまともに使えないと思った方がいい

  • 内装が綺麗になってる
  • ツーリスト部屋なのにまともな設備が用意されている

もはやこれだけで文句はないのですが、強いて文句を言うのであればwifiがまともに機能しないことですかね。

 

これは船の問題というより航路の問題なんですが、志布志と大阪を結ぶさんふらわあは外洋を通るため電波が入らない地域が多いです。

 

一応船内にフリーwifiは準備されているんですが、陸沿いを通ってる時しか使えず、基本的には船内アプリ用なのでインターネットでの使用は控えるようにアナウンスされていました。

 

実際接続しても外洋に出ているときは繋がりませんでしたし、ほとんどあてにならないと言っても良いでしょう。

新型さんふらわあでの夕飯バイキング

船の夕飯といえばバイキング...最近の人はビュッフェって言うんですかね?さんふらわあにももちろんバイキング形式の夕飯が用意されていました。

お値段は大人1名で2000円と他の船に比べて高い気がしますが、せっかくなので食べることにしました。料理はこんな感じ。 

他の船のバイキングと比べて明らかに豪華な気がする!

全体的にどれも美味しかったですが、特にカンパチの刺身がめっちゃ美味しかったです。鹿児島はカンパチの養殖も盛んですし、フェリーに乗ったときはぜひカンパチを堪能してください。

結論として満足の行く航海だった!

さんふらわあのページを見ると大阪-志布志間の弾丸ツアーと称して、0泊2日で大阪に行くキャンペーンが提示されています。これ、昔もあった気がするんですけど個人的には誰があんな揺れのひどい船で往復するかよ...って思ってたんですよね。

 

でも今回の新型さんふらわあなら弾丸ツアーやってもいい。むしろやりたい!と思うくらいには快適な船旅でした。

 

そういえば今回新しくなったさんふらわあ、昔ほど揺れなくなっているような気もしました。このフェリーに乗る2週間くらい前に福岡と大阪を結ぶフェリーに乗ったんですが、それと同じくらいしか揺れなかったような。

 

わかりづらいかもしれませんが、福岡-大阪間のフェリーは瀬戸内海を通っていて、志布志-大阪間のこのフェリーは太平洋を通っています。

 

瀬戸内海は四国と本州に挟まれているので基本めっちゃ穏やかな海なんですが、太平洋はこの時期相当荒れるんですよね。それが同じくらいの揺れだったと言うのがどれくらいすごいことか...わかる人にはわかると思います。

 

もしかしたらたまたま天気が良かっただけなのかもしれませんが、普通に考えればフェリーの揺れの抑制機能がよくなったと考えるのが妥当ですよね。さすが現代型の船!素晴らしいです!

 

以前のさんふらわあと言えば、船が揺れに揺れまくって船内を楽しむどころの話ではありません。酔い止め飲んで寝る!朝が来るのを待つのみ!みたいな船でしたからね笑。

 

はい。長くなりましたがまとめましょう!

部屋も綺麗で設備も充実、ご飯も美味しい!次回はぜひツーリストではなくもっとグレードの高い部屋に泊まってみたいと思う船旅でした。

-旅行

Copyright© はるの趣味日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.