写真

マンフロットのNextコレクションは普段使いにも使えるカメラリュック!

投稿日:

カメラバッグにも使えて普段使いにも使えるカバンが欲しい!写真趣味の人が一度は思うことでしょう。そしてそんな都合のいいカバンほとんど無いと気づくところまでがワンセットです。

 

そう、ほとんどのカバンはね。探せばちゃんとあるんですよ、普段使いにもつかえるくらいかっこよくてカメラバッグにも使えるようなカバンって。

 

僕が使っているマンフロットのNextコレクション バックパックもそのうちの一つ。今回はこのアイテムを紹介していきます。

カメラバッグダサい問題

カメラは精密機械ですから、それを保護するためのカメラバッグにはクッション性や防滴性など多くのことが求められます。十分な性能を求め出すと、サイズが大きくなったり、機能的な素材を使わないといけなくなってデザイン面で微妙になってしまいます。

 

もちろん防護用のバッグですから、撮影に行く時とかは全然いいんですけど普段使いで使いたいデザインとは言い難いです。別に普段学校に行くためにそこまでの防護性とかいりませんし、お散歩で写真撮りに行く時とかもそんな大げさな物はいらないですからね。

 

結局カメラバッグと普段使う用のバッグは分けているというカメラ趣味の人は多いと思います。

マンフロットのカメラカバンはかっこいいデザインが多い

カメラバッグはダサいものは多いですが、マンフロットのカバンはそうでもありません。かっこよくて普段使いにも使えそうなくらいおしゃれなバッグを展開しています。

 

僕が使っているNextコレクション以外にもカーキがアクセントのstreetコレクションなんかもかっこいいですね。最後まで迷ったのですが、結局Nextコレクションを選びました。

マンフロットNextコレクションのデザイン

前面、背面はこんな感じ。グレーの他にブルーもありましたが、個人的にはこっちの方が好み。

中は二段式になっていて、下部のファスナーを開けるとカメラ用のクッションが内蔵されています。別で購入したわけではなく、デフォルトでついてきます。普通に買うとこれだけでも1000円以上するのでありがたいですね。

こんな感じで取り外すこともできます。サイズ的には...そこまで大きいわけではないので、一眼レフ+レンズ一本もしくはミレーラス+レンズ2本くらいで考えた方がいいかも。

 

バッグ自体のサイズもそこまで大きいわけではなく、下半分と考えると妥当な収容力です。裏技的な方法で収容量を増やすこともできますが、それはあとで書きますね。

上側の収納はこんな感じです。下部分と同じような収納スペースですね。普段使いでは筆箱や財布、スマホなんかを入れるには十分ですし、撮影用途ではブロワーやフィルター類などを入れられるスペースになっています。

ノートやパソコンを入れるスペースも上部に用意されています。試しにmacbookpro13インチを入れてみました。多分これがギリギリのサイズかなって感じです。15インチのmacbookproになると多分入らないでしょう。

ちょっと見づらいんですが、上部と下部の仕切りは外すことができます。こんな風に普通のリュックと同じようなスペース分けにすることもできます。

 

これがさっき書いた収容力を増やす裏技なんです。上部と下部を貫通させれば、tamron150-600くらいなら入れることができます。もちろんクッションは無いので本当に入るだけですが。

デザインが良いバッグなのに値段が手頃

マンフロットのNextコレクションはデザイン的にも優れているのですが、デザインだけで言うのであれば同社のstreetコレクションやナショナルジオグラフィックのバッグなんかもデザイン面で同じかそれ以上に優れていたりします。

では、なぜNextコレクションを選んだのか。答えは簡単。Nextコレクションは安いんです。

例えばマンフロットのstreetコレクションのカメラリュックだと12000円くらいしますし、ナショナルジオグラフィックのレインフォレストコレクションは約19000円です。

 

それに対して、今回紹介しているマンフロットのNextコレクションは6000円以内で買うことができます。streetコレクションの半額、レインフォレストコレクションの1/3の値段で手に入るのは貧乏学生にはとてもありがたいです。

 

...機能性や収容容量もろもろ違うので単純比較はできませんが、それでも似たようなバックパックタイプの形でこれだけの値段差があれば僕的にはNextコレクション一択だと思うんですよね。デザイン的にもシックで場所を選ばないデザインしてますし。

試しに普段の荷物を入れてみた

上部の前面側にmacbookpro13インチと普段使ってるキャンパスノートを、上部の収納にmacbookproの充電器、iphoneの充電器、財布、キーケース、手帳を入れてみました。あと見えないですが筆箱も。

 

正直収納的にはまだまだ余裕で、モバイルバッテリーやペットボトルなども余裕で追加することができます。いざとなったら、カメラクッションを外して下の収納も使えますから、容量的には普段使いをする分には余裕です。

 

撮影用途に使うとしてもよっぽど荷物を詰め込まなければ、大体のものは入ると思います。三脚もミニ三脚くらいなら中に簡単に入ります。マンフロットのPIXIV EVOを入れてみましたんですが余裕で入りました。

欠点はカメラカバンとして使うには防護性能が低いこと

値段、デザイン、どちらも優れものなマンフロットのNextコレクションですが、あえて欠点を挙げるとすれば防護性能です。クッション部分を作ってくれてはいるのですが、防護されるのはその部分だけです。

 

それに一応撥水加工はされているんですが、完全防水みたいな機能はついていません。試していないのでわかりませんが、土砂降りに合うと中に水が入ってくるんじゃないでしょうか。

 

まぁ、良くも悪くもファッションバッグとカメラバッグの兼用ということですね。それを良しと捉えるか悪しと捉えるかは人次第ですが、個人的にはその辺りもバランスよく作られていると思います。

 

防護性能的にはそもそも変なところにぶつけるなよって話ですし、防水性については上からレインカバーでも被せればいいだけの話ですからね。

結論:カメラバッグと普段使いのバッグを兼用するならコスパに優れたNextコレクションはおすすめ

個人的にはかなりおすすめできる商品なんじゃ無いかと思ってます。修論に追われている4ヶ月ほど、普段使いでもずっと使ってきましたが、別に悪いところも見当たりませんでした。

 

普段使いもできるカメラバッグ、というよりはカメラバッグとしても使える普段使い用バッグって感じですが、逆に言えば何にでも使えるようにデザインされているのかなと。パソコンと外付けのHDDやSSDを持っていけば外での写真作業だってできますからね。

 

普段使い用のリュックというよりもガジェットバッグというのが正しいのかもしれません。値段的にも普通のバッグを買うのと同じくらいの値段なので、もし気になったら買ってみてください。写真を趣味にしている人には特におすすめできると思います。

スポンサードリンク

-写真

Copyright© はるの趣味日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.