バードウォッチング 写真

α7IIIでの野鳥撮影でおすすめの露光設定を紹介していきます

投稿日:

どうも。石垣島で3日ほどぶっ続けで撮影してみてようやくα7IIIの扱いにもなれた気がします。

 

やはりフルサイズはいいですね!画質もそうですがISOの限界が違います。

7DだったらISO800までしか使いたくなかった高感度ですが、α7IIIならISO2500〜3200くらいまで使えます。

 

と言ってもせっかくの高画質ですし、普段はISO1600までで抑えていますけどね。それでも7DのISO400よりは普通に綺麗ですので。

 

今回は野鳥撮影での露光設定のお話です。野鳥撮影というちょっと難しい撮影で、普段の設定に迷っている人の助けになれば幸いです。

野鳥撮影の基本設定-止まりもの撮影-

野鳥撮影では基本的には超望遠レンズを使って撮影する方が多いです。だいたい軽くてもレンズとボディ3kg以上が主流なんじゃないでしょうか。

 

ということで普通の一眼レフでの撮影と同じようなシャッター速度の設定をしていると間違いなく手ブレしてしまいます。

 

なので基本的にはシャッター速度は必要以上に早くするイメージで。他の設定との兼ね合い次第ですが

  • シャッター速度:1/500以上

を目安にしています。

 

撮影対象の鳥が全く動かず、強力な手ブレ補正がかかるカメラだったら1/125でもブレないときはありますが、条件を揃えても失敗率は半分くらいというところでしょう。

 

素直にシャッター速度は上げておいた方が後になって後悔が少ないです。良い写真が撮れたのにブレている時の悲しみはキツイですからね。

 

では他のISOと絞りの設定はどんなもんかというと

  • F値:8
  • ISO:400

を目安にしています。

基本設定でも明るい時の対応

これでも十分に明るいときは

  1. ISOを下げる
  2. シャッター速度を上げる
  3. F値を上げる

の順番で露出の調整をしています。シャッター速度1/500もあれば手ブレもほとんど心配なく、止まっている野鳥がぶれることも少ないですからね。

 

飛び出しを狙っているならもっとシャッター速度を上げる必要はありますが、基本設定以上の速度の恩恵は少なくなります。

 

素直に画質重視の設定にしてしまっていいでしょう。

基本設定では暗い時の対応

逆に基本設定で暗い場合は

  1. ISOを上げる(1600まで)
  2. 絞F値を下げる
  3. シャッター速度を下げる

という順番で対応しています。シャッター速度を下げてブレてしまったり、絞りを開いてちょっとピントが合わなくなるくらいなら画質が荒れた方がマシという考えです。

野鳥撮影の基本設定-飛びもの撮影-

飛びものの撮影ではさすがにシャッター速度1/500では足りないことがほとんどです。できれば1/1000以上欲しいですし、明るさや設定に余裕があるならもっと早いシャッター速度の設定をしてもいいでしょう。

 

飛びものを撮影できる場所って開けた場所が多いですから、止まりものを狙う時よりも設定に余裕がある時が多いんですよね。

 

飛びもの撮影の基本設定だと僕は以下のような設定で撮影しています。

  • シャッター速度:1/1500
  • F値:8
  • ISO:800〜1000

基本設定でも明るい時の対応

シャッター速度をさらに上げるか、それともISOを下げるかは迷うところですが僕なら撮影している鳥の種類を見て決定します。

 

大型でそこまで早くはない鳥が相手だと、シャッター速度1/1500くらいでも十分なので画質を優先します。

  1. ISOを下げる(400まで)
  2. シャッター速度を上げる

という順位ですね。逆にアジサシのように早く飛ぶ野鳥や小型の野鳥相手だとシャッター速度最優先で撮影します。

 

適正露出になるまでシャッター速度を上げてしまう方が得策ですし、そもそもISO800〜1000でも十分な画質は得られますからね。

 

というか、早く飛ぶ野鳥相手のときは最初の設定の段階で1/2500〜3200まで上げていたりもします。

基本設定では暗いときの対応

思った以上に暗いときはここから

  1. シャッター速度を1000まで落とす
  2. ISOを1600まで上げる
  3. F値を下げる

という順番で対応しており、RAW現像での修正やそれでも対応しきれないくらい暗いときは

  • ISOを3200まで上げる
  • シャッター速度をさらに落とす

という方針で撮影しています。

終わりに

写真を撮るときの設定ってけっこう人によるところもあるんですよね。

 

例えば僕みたいにシャッター速度を優先する人だったり、画質を求めてISOを下げられるだけ下げる人だったり。

 

結果的にできてくる写真が失敗していなければそれでいいんですが、ISO優先で他の要素を下げちゃうと失敗写真の割合が高まってしまうんですよね。

 

僕みたいに

  • シャッター速度優先
  • 絞りも一段は絞る

という設定にしておけば失敗写真を量産することにはならないと思います。

 

失敗した写真はいくら画質が良くても救うことはできませんからね。どちらかといえば初心者に向いた設定なんじゃないかと思っています。

 

 

スポンサードリンク

-バードウォッチング, 写真

Copyright© はるの趣味日記 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.